マネックス証券評判・おすすめ・口コミ

マネックス証券トップページ

比較ランキング順位

総合順位 5位 手数料 10位
取扱商品 3位 ツール 5位
チャート 9位 スマホ 6位
人気 5位 情報 3位

取引手数料(国内現物)

取引金額10万円30万円50万円100万円300万円
手数料(税込) 110円 275円 495円 1,100円 3,300円

マネックス証券の"おすすめポイント"

NISA口座の売買手数料実質0円!

マネックス証券のNISA口座なら国内株だけでなく米国株・中国株の買付手数料も実質無料です。

IPO投資家におすすめ

新規公開株(IPO)の取扱数が多いので、応募口座のひとつにマネックス証券の口座を追加することをおすすめします。

豊富な海外投資商品

マネックス証券では、米国株・中国株・新興国ファンドや外国債券など、世界に投資するさまざまな金融商品を取り扱っています。特に米国株の取扱数が圧倒的に多いのが特徴です。

マネックス証券で口座開設

マネックス証券の手数料

低位株の1ショット手数料は意外と安い

マネックス証券の手数料は正直にお話するとネット証券のなかでは決して安い方ではありません。
※それでも総合証券(店頭証券)に比べると遥かに安い手数料です。

ただ売買代金ごとで見ると1回の売買代金が10万から30万程度の低位株では主要オンライン証券(SBI証券, 楽天証券, auカブコム証券, 松井証券, マネックス証券)の中では最安の水準です。

「ワン株」や「IPO取扱の多さ」も含め, 少ない資金からの株式投資ならマネックス証券, と言えるのでは無いでしょうか。

米国ETFや投信の手数料がお得!

マネックス証券には「ゼロリートプログラム」や「USAプログラム」などの、特定ETF手数料が実質無料になるプログラムが用意されています。ゼロリートプログラムでは、一部のJリートETFや、米国と全世界の株式に分散投資するETFの取引手数料がキャッシュバックされます。

また、USAプログラムでも特定の米国ETFの手数料がキャッシュバックされます。JリートETFや、米国ETFへの投資を考えている方には特におすすめ!

▶詳しい手数料比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券のチャート分析ソフト

スッキリとして見やすい「分析チャート」

シンプルで見やすい印象のあるマネックス証券「分析チャート」, ログイン後に閲覧可能です。

他社の専用ツールに比べると描写ツールを備えていない点や発注が出来ない点など, 機能面で劣る部分はありますが, これくらいシンプルのほうが使い勝手もよくてチャートソフトとしては素直なのかも知れませんね。 チャート分析をする際に、あまり多くのテクニカル指標を使わない投資家の方や、シンプルな画面構成を好む投資家の方にはマッチするテクニカルチャートと言えるのではないでしょうか。

▶詳しいチャート比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券のトレードツール

幅広い投資家層に対応している「マネックストレーダー」マネックス証券の

マネックス証券の「マネックストレーダー」は、スピード注文機能や、見やすいトレーディング画面などが充実しています。特に注文方法では、「ダブルクリック注文」や「バケット注文」にも対応しています。 そのほかにも、登録銘柄のチャートや気配板を1画面に複数表示ができたり、「リアルタイムランキング & 株式市況アラーム」では、ザラ場中のさまざまな値動きをチェックできるチェック機能が充実していたりと、幅広い層の投資家にとって使いやすいツールとなっていますね!

▶詳しいツール比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券の取扱商品

無期限信用で売り注文, 更にプレミアム空売りも!?

マネックス証券は株式現物・株式信用・投資信託・先物・FXを取り扱っており, 投資信託はSBI証券, 楽天証券に次いで取扱数も多いネット証券ではありますが, オススメしたいポイントは何と言っても「米国株」の取扱数の多さです。

現時点で3,000銘柄以上の個別株を取引できるのはネット証券ダントツの1位で米国株を取引できる情報や米国株取引専用ツールなど環境も整っています。

iPhoneのアップル, VISAカードにマスターカード, 米Yahooなど, 世界的な大企業にも取引できますし, 業界では知る人ぞ知るモデリングツールを持つザイリンクスなど日本では専門家しか知らない銘柄にも取引できます。

米国は今後の成長にも期待できる経済大国ですから、日本株もいいけど米国株にも力を入れたい・米国株を取引したいという方は一にも二にもマネックス証券の米国株口座をオススメします!

▶詳しい取扱商品比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券のスマートフォンアプリ

お気に入り銘柄の整理機能で見やすさ抜群

「マネックストレーダー スマートフォン」はiPhone, アンドロイド端末用にそれぞれ用意されており, スマホ上でのトレードに必要な情報をシンプルに入れ込んだ印象です。

PC用ツールと連動することができるお気に入り銘柄の登録はフォルダごとに振り分ける事がありますので買った時期や自分が思う区分など好きな様に整理することができる点はとても親切ですね。 また、当アプリでは、スマホでの取引にも欠かせない注文スピードにも強みがあり、個別銘柄画面で、注文画面をスライドするとすぐに注文が出せるようになっています。

そのほかにもテクニカルチャートやランキング機能なども充実しており、出先でのトレードも不便なく行える仕様になっています!

米国株用のトレードアプリ「トレードステーション米国株 スマートフォン」が用意されている点もGOOD!

▶詳しいスマホアプリ比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券の情報力

自社アナリストによるレポート・メールが大人気

株式ニュースはモーニングスター, 日経QUICKのお馴染みのラインナップに加えて株式経済新聞, 株探ニュースなど充実。また個別銘柄情報としてIFIS業績予測, 四季報(+速報), クォンツ・リサーチ銘柄分析もあり, ネット証券の中でも有数の情報力を誇ります。

更に強調したいのが, マネックス証券情報配信の肝と言っていい大人気の自社アナリスト陣です。現在, 3名在籍しているアナリストそれぞれのレポートやマネックスメールなどは口座開設者から大きな支持を受けています。 投資を始めたばかりで、どうしたら良いかわからないという人はマネックス証券のアナリスト達がほぼ毎日配信しているメルマガ等で勉強していくのもいいかもしれません。そのほかにもオンラインセミナーなどもあり、情報面のサポート体制もバッチリですね。

▶詳しいニュース比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

マネックス証券の銘柄検索ツール・株式ランキング

アナリストスコアは要チェック!

マネックス証券の銘柄スクリーニングは何と言っても『ファンダメンタル分析』が多いことが最大の特徴です。アナリストスコアを始めとして成長スコア, 割安スコア, 財務健全性スコア, など専門家による分析銘柄をチェックできるのは助かる情報ですよね。 さらに、マネックス証券には、企業が発表する実績、業績予想、プロのアナリストが分析する業績予想など、企業の業績に関するさまざまな情報が見られる「銘柄スカウター」というツールも用意されています。より、緻密なスクリーニングをしたいという方はこちらを利用されてみてはいかがでしょうか。

▶詳しいスクリーニング比較情報を見る ※上記の内容はこちらのページをもとに作成されています

↓
Web上での口座申込はこちら!
 ※申込は5分程度で終了します

マネックス証券の会社情報

会社名称 マネックス証券株式会社
所在地 〒107-6025 東京都港区赤坂1丁目12番32号
電話番号 0120-430-283(口座開設、資料請求問い合わせ)
上場企業名 マネックスグループ株式会社(証券コード:8698)
登録番号 関東財務局長(金商)第165号
設立 1999年4月5日
公式HP https://www.monex.co.jp/

※本ページの比較・ランキング情報はみんかぶネット証券会社比較 マネックス証券の総合評価・口コミ・徹底調査より転載しております。

※本調査については、2020年07月14日時点のものになります。
※本ランキングは実際の取引画面などの調査から個人投資家へのアンケートなど多面的な調査・アンケートに基づいておりますが、必ずしもサービスの内容を保証するものではございません。


TOP