決算速報

2018年7月11日 16時30分
【決算】 くろ工、上期経常を一転赤字に下方修正、通期も減額【連結】

 くろがね工作所 <7997> [東証2] が7月11日大引け後(16:30)に業績修正を発表。18年11月期第2四半期累計(17年12月-18年5月)の連結経常損益を従来予想の9000万円の黒字→7600万円の赤字(前年同期は8000万円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。
 上期業績の悪化に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の2億1000万円→1億1000万円(前期は8300万円)に47.6%下方修正し、増益率が2.5倍→32.5%増に縮小する見通しとなった。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
  第2四半期累計期間の売上高は、家具関連事業につきましては事務用家具部門は順調に推移しましたが、大口物件が入居予定ビルの完工遅れにより下期の売上計上予定となり、また建築付帯設備機器事業が依然低調に推移したため、第1四半期(平成29年12月~平成30年2月)の落ち込みをカバーすることができず厳しい状況となりました。利益面においても受注競争の厳しい中、生産性の向上、総コスト・費用の削減等鋭意推進しましたが、前連結会計年度より主要材料(鋼材価格)が高騰し、高止まり状況が続き、輸送・搬入・組立・施工費等の高騰の影響も受けた結果、前回発表の業績予想に至らず下回る見込みであります。 通期の予想につきましては、売上高は家具関連事業の事務用家具部門の受注が好調に推移しており、建築付帯設備機器事業につきましても当初下期計画の範囲内で推移する見込みであるため、連結売上高は前回発表予想を達成するものと予想されますが、利益面におきましては、主要材料価格の高止まり状況等が継続する見込みであるため前回発表予想を下回る見込みであります。 (注)上記記載の業績予想につきましては、発表日現在において入手可能な情報に基づき判断したものであり、実際の業績等は様々な要因により予想数値と異なる場合があります。

業績予想の修正

今上期【修正】

決算期
旧   17.12-05
新   17.12-05
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
5,500 120 90 70 41.1
2018-01-19
連結
5,364 -49 -76 -25 -14.7
2018-07-11
連結
-2.5 赤転 赤転 赤転 赤転 %

今期【修正】

決算期
旧   2018.11
新   2018.11
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
11,050 270 210 170 99.8 45
2018-01-19
連結
11,050 170 110 105 61.6 45
2018-07-11
連結
0.0 -37.0 -47.6 -38.2 -38.2 %

今期の業績予想

決算期
    16.12-05
予   17.12-05
前年同期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
5,450 108 80 63 37.5
2017-07-06
連結
5,364 -49 -76 -25 -14.7
2018-07-11
連結
-1.6 赤転 赤転 赤転 赤転 %

今期【予想】

決算期
    2016.11
    2017.11
予   2018.11
前期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
10,196 233 189 157 9.3 4
2017-01-16
連結
10,224 125 83 93 54.7 25
2018-01-19
連結
11,050 170 110 105 61.6 45
2018-07-11
連結
+8.1 +36.0 +32.5 +12.9 +12.7 %
 上記の業績表について

くろがね工作所をもっと詳しく

前後の決算速報

【決算速報】の一覧を見る

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 本日の【決算・業績修正】銘柄一覧
  2. 魅惑の高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第2弾〕22社選出 <成長株特集> (07/08)
  3. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」22社【2部・新興】編 <割安.. (07/08)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月6日現在)
  5. 明日の決算発表予定 安川電、ユニファミマ、ファストリなど63社 (7月11日)