ログイン
2018年10月16日 17時00分
決算

大谷工業、上期経常を38%下方修正

大谷工業 <5939> [JQ] が10月16日大引け後(17:00)に業績修正を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の1億4000万円→8700万円(前年同期は1億7600万円)に37.9%下方修正し、減益率が20.5%減→50.6%減に拡大する見通しとなった。

なお、通期の経常利益は従来予想の2億7000万円(前期は3億2100万円)を据え置いた。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】

第2四半期累計期間における業績予想につきましては、セグメント別売上高として、建材部門は国内の都市整備、イン...

業績予想の修正

今上期【修正】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
旧  18.04-09 3,060 140 140 100 128.3 0
2018-05-15
単独
新  18.04-09 2,944 85 87 63 80.9 0
2018-10-16
単独
修正率 -3.8 -39.3 -37.9 -37.0 -37.0 %

今期の業績予想

下期業績

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    17.04-09 2,868 174 176 137 176.5 0
2017-11-14
単独
予   18.04-09 2,944 85 87 63 80.9 0
2018-10-16
単独
前年同期比 +2.6 -51.1 -50.6 -54.0 -54.2 %

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    2017.03 5,631 333 342 247 318.4 3
2017-05-09
単独
    2018.03 5,751 319 321 232 298.7 30
2018-05-15
単独
予   2019.03 5,920 270 270 190 243.8 30
2018-05-15
単独
前期比 +2.9 -15.4 -15.9 -18.1 -18.4 %
上記の業績表について

前後の決算速報

▶︎決算速報の一覧を見る

関連記事・情報

  1. ★本日の【サプライズ決算】超速報・続報 (10月16日) [プレミアム専用]
  2. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月12日現在)
  3. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編 <割安.. (10/14)
  4. 急落後の“押し目買い”候補、「好業績&高進捗」リスト 〔第2弾〕 <成長株.. (10/14)
  5. 明日の決算発表予定 オリックスF、ハウスリートなど4社 (10月16日)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “突風的”急落の後に来るもの (10/14)
  7. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-2 (10/15)
  8. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  9. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 先人は「嵐のときは動くな!」と教えているが… (10/14)
  10. 「人工知能」関連がランキングトップ、AI投資に安倍政権も本腰<注目テーマ> (10/16)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月19日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ニーズウェル、カイオム、野村などに注目! 注目
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  4. 4
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】Sansan 注目
  5. 5
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
【注意】
「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、 上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。
閉じる