ログイン
2019年6月12日 15時30分
決算

ロングライフ、上期経常を56%下方修正

ロングライフホールディング <4355> [JQ] が6月12日大引け後(15:30)に業績修正を発表。19年10月期第2四半期累計(18年11月-19年4月)の連結経常損益を従来予想の1億1000万円の黒字→4800万円の黒字(前年同期は3900万円の赤字)に56.4%下方修正した。

なお、通期の経常利益は従来予想の3億4000万円(前期は3900万円)を据え置いた。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】

連結営業利益、連結経常利益及び親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては、ホーム介護事業において前期に...

業績予想の修正

今上期【修正】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
旧  18.11-04 6,620 150 110 -55 -5.4 0
2019-03-06
連結
新  18.11-04 6,603 93 48 -114 -11.0 0
2019-06-12
連結
修正率 -0.3 -38.0 -56.4 赤拡 赤拡 %

今期の業績予想

下期業績

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    17.11-04 6,379 177 -39 -76 -7.4 0
2018-06-08
連結
予   18.11-04 6,603 93 48 -114 -11.0 0
2019-06-12
連結
前年同期比 +3.5 -47.5 黒転 赤拡 赤拡 %

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    2017.10 12,320 523 464 233 22.8 8
2017-12-08
連結
    2018.10 12,866 295 39 -115 -11.3 8
2018-12-14
連結
予   2019.10 14,100 420 340 85 8.2 8
2019-03-06
連結
前期比 +9.6 +42.4 8.7倍 黒転 黒転 %
上記の業績表について

前後の決算速報

▶︎決算速報の一覧を見る

関連記事・情報

  1. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (06月12日) [プレミアム専用]
  2. 「サイバーセキュリティ」がランキング2位、国策追い風に軒並み動意へ<注目.. (06/11)
  3. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 34社選出 <成長株特集> (06/09)
  4. 上昇本番に向け秒読み開始! 25日・75日線GC接近の「好業績割安株」を狙え.. (06/11)
  5. 明日の決算発表予定 ヤーマン、鎌倉新書など18社 (6月12日)
  6. “働き方改革時代”の新潮流、「テレワーク関連株」が動き出す日 <株探トップ.. (06/10)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 相場は「暗」から「陽」へ!3つの投資ポイ.. (06/09)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合<最終回> (06/10)
  9. 馬渕治好氏【日経平均2万1000円回復! 相場は変わったか?】(1) <相場観特集> (06/10)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ なぜ、ボラティリティがこんなに高いのか?.. (06/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月29日記) 市況
  2. 2
    マザーズ指数は4日続落、アンジェスが支え役となるも/マザーズ市況 市況
  3. 3
    大塚家具、非開示だった今期最終は28億円の赤字へ 決算
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:キヤノン、弁護士COM、任天堂 注目
  5. 5
    話題株ピックアップ【昼刊】:ソニー、大日本住友、メルコ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
【注意】
「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、 上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。
閉じる