ログイン
2019年10月10日 16時00分
決算

スズキ、今期経常を35%下方修正

スズキ <7269> が10月10日大引け後(16:00)に業績修正を発表。20年3月期の連結経常利益を従来予想の3400億円→2200億円(前期は3795億円)に35.3%下方修正し、減益率が10.4%減→42.0%減に拡大する見通しとなった。

なお、4-9月期(上期)の業績見通しは引き続き開示しなかった。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】

日本での完成検査体制再構築に伴う減産、インド四輪市場の低迷、および為替変動等により連結業績予想数値を修正い...

今期【修正】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
旧  2020.03 3,900,000 330,000 340,000 200,000 433.5 74
2019-05-10
連結
新  2020.03 3,500,000 200,000 220,000 140,000 303.5 74
2019-10-10
連結
修正率 -10.3 -39.4 -35.3 -30.0 -30.0 %

今期の業績予想

下期業績

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    18.04-09 1,929,434 198,454 232,304 136,183 306.4 37
2018-11-01
連結
予   19.04-09 37
2019-05-10
連結
前年同期比 %

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    2018.03 3,757,219 374,182 382,787 215,730 488.9 74
2018-05-10
連結
    2019.03 3,871,496 324,365 379,530 178,759 395.3 74
2019-05-10
連結
予   2020.03 3,500,000 200,000 220,000 140,000 303.5 74
2019-10-10
連結
前期比 -9.6 -38.3 -42.0 -21.7 -23.2 %
上記の業績表について

前後の決算速報

▶︎決算速報の一覧を見る

関連記事・情報

  1. スズキ---急騰、インドの法人税減税実施でインド関連が買われる (09/24)
  2. スズキが大幅続伸、インドの法人税減税を好感した買い継続 (09/24)
  3. ★本日の【サプライズ決算】超速報・続報 (10月10日) [プレミアム専用]
  4. 上方修正“先回り”、19年12月期【業績上振れ】候補 31社選出 <成長株特集> (10/06)
  5. 明日の決算発表予定 高島屋、東宝など106社 (10月10日)
  6. 上方修正カウントダウン、株高期待膨らむ「有力候補7銘柄」はこれだ!.. (10/07)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月9日版
  8. 株探【決算活用術】 ― すご腕投資家さんに聞く (09/26)
  9. 「株探」の歩き方 (6) ― 有望株発掘は業績評価が決め手! (10/04)
  10. 「キャッシュレス決済」が4位、現金使わないケースが急増傾向に<注目テーマ> (10/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月15日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★プロパスト、田中化研、東京衡機などに注目! New! 注目
  3. 3
    本番突入「半導体関連」逆襲高のステージ、EUV技術が開拓する新たな地平 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月15日) 注目
  5. 5
    明日の株式相場戦略=往来圏を突き抜けるか正念場 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
【注意】
「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、 上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。
閉じる