ログイン
2016年4月19日 20時53分
材料

少子高齢化・民泊関連銘柄として注目


ハウスドゥ<3457>は不動産サイト「ハウスドゥ」を基盤に、不動産の売買仲介店舗をFC中心に展開しています。3月31日現在のチェーン店加盟契約数は356店舗と順調に増加しています。
持ち主が自宅を売却後も住み続けられる住まい方を提案する「ハウス・リースバック事業」についても、少子高齢化やストック重視の業界トレンドにも合致し、堅調な立ち上がりとなっています。

2月4日に発表した16 年6 月期第2四半期業績は、売上高が86.76 億円(前年同期比、25.4%増)、経常利益は6.73 億円(同、138.3%増)と2桁増収・3 桁増益の着地となりました。通期は、売上高は163.55 億円(前期比、12.2%)、営業利益は9.24 億円(同、49.9%増)、経常利益は8.04 億円(同、56.8%増)、当期純利益は5.23 億円(同、48.1%増)と2桁増収増益、4期連続最高益の見込みと絶好調です。

第2四半期の経常利益は、通期予想に対し83.7%の進捗率となっており、1~3月のハイシーズンの状況を踏まえると、通期予想は上方修正される可能性が極めて高いとみています。

4月よりサービス開始となった空部屋・空地・空家の資産活用サービス「空部屋Do!」や、3月10 日、民泊の活用に向けて、イー・旅ネット・ドッド・コムと業務提携の検討を開始したと発表したことも今後の期待材料です。

その他マーケット情報などは、ツイッター(@harusmile)に配信しています。
また、毎営業日のマーケット各種データは、当方のオフィシャルブログ「はる日和」(harumi-kougo)にて、一口コメントはFBにて配信しています♪


フィスコリサーチレポーター
向後はるみ

《NH》

 提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★CEHD、ナガオカ、理経などに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月22日発表分) 注目
  3. 3
    窪田製薬HDについて、SBIインキュベーションは保有割合が減少したと報告 [変更報告書No.16] 5%
  4. 4
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    窪田朋一郎氏【平成から令和へ、10連休後の東京市場はどうなる】(1) <相場観特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.