ログイン
2016年4月20日 14時46分
材料

国内有力証券、17年3月期は輸出関連を中心に厳しい見通しになると予想、物色は内需・好業績銘柄が中心に

東海東京調査センターでは、来週から本格化する決算発表において、17年3月期は輸出関連を中心に厳しい見通しになると予想。当面は、震災対応や支援も急がれることから、内需・好業績銘柄物色の動きが中心になるとみて、中期では、昨日開催の政府産業競争力会議で打ち出された成長戦略に基き、自動運転関連やIT、ロボット関連などテーマ株が注目されると解説。

4月25日号のウィークリーでは、内需・好業績銘柄として、震災復旧での貢献が見込まれる九電工<1959>、食品メーカーの昭和産業<2004>を紹介している。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★パス、UMN、PALTEKなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月23日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月22日発表分) 注目
  4. 4
    総投資額1兆円超え、首都圏鉄道投資で急発進前夜の中小型株とは <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.