ログイン
2016年4月21日 15時03分
材料

HISが反発、ハウステンボスに「ロボットの王国」を7月オープン

エイチ・アイ・エス<9603>が反発。同社の澤田秀雄会長が午前中に記者会見を行い、同社が運営する長崎・ハウステンボス内で「ロボットの王国」を7月16日にオープンすると発表した。それに先立ち、4月29日から5月5日までのゴールデンウイーク期間中にはプレオープンとしてお披露目する。

ハウステンボスでは、これまでに「花」「光」「音楽とショー」「ゲーム」「健康と美」の5つの王国を展開してきたが、第6の王国として誕生する「ロボットの王国」は、世界最先端のロボットに触れて、楽しめて、かつ購入できるのが特徴。ロボット体験ミュージアムや企業ブース、日本最大級の品ぞろえを誇る複合施設「ロボットの館」を開設するほか、200年後の未来をテーマにし、人間同様の動きでお好み焼きを仕上げる「お好み焼きロボット」や、空席案内やイベント情報を知らせるコミュニケーションロボット「タピア」、移動支援ロボットを足元に搭載した「ロボットスーツ」などが現場を取り仕切る「変なレストラン」などがあるという。

また、GWのプレオープン期間中は、来園者が自在に操縦できる搭乗型ロボットや、小型ロボット「MANOI(マノイ)」やアイドルロボット「プリメンドAI(アイ)」がダンスを披露するステージショー、人間と4体の演奏ロボットとの混成楽団「オルディオン」によるコンサートなどが行われる。

今回の記者会見で澤田会長は、「エンターテインメントとして世界一生産性の高いテーマパークの確立を目指す」としている。先週起きた熊本地震で、直近足もとの状況は厳しいとしているも、遅くとも半年後には復興が進み、入場者数は前年比10~20%増を見込んでいるという。また、富田直美CTO(最高技術責任者)は「実験段階のロボットを来園者に出していくことで、ロボットの行動を効果測定する。夏から園内で実証実験をしていくことで、確度の高い情報を協力企業に提供する」としており、将来のロボット社会の入り口をこの王国内で実現することを狙いとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  2. 2
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─ 理想売りの段階は終わる!? 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.