ログイン
2016年4月22日 9時28分
材料

UBICが4日続伸、人工知能搭載ロボットをTEPIA先端技術館に展示

UBIC<2158>が4日続伸で連日の年初来高値更新。21日の取引終了後、100%子会社Rappaと共同で開発を進めている、生活密着型の人工知能搭載ロボット「Kibiro」(キビロ)について、TEPIA(高度技術社会推進協会)が運営するTEPIA先端技術館(東京都港区)に、来年3月まで展示すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

TEPIA先端技術館が展示施設内容を全面刷新するのに伴い展示するもので、テクノロジーショーケース「時間・空間の制約を超える」ゾーンで、未来を変える人工知能技術の具体例として展示されるという。

UBICとRappaでは、16年前半に法人向け、16年後半に家庭向けへの提供を開始する予定でKibiroの開発を進めているが、今回の展示は一般の人がKibiroとのふれあいを体験できる初めての機会となる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月21日発表分) 注目
  2. 2
    【REIT高配当利回り】ランキング (5月17日現在) 特集
  3. 3
    上昇気流に乗る「J-REIT」、初の敵対的買収劇にどよめく市場 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ソフトバンクG、スズキ、愛三工 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.