ログイン
2016年4月25日 11時27分
材料

オークマ、米系大手証券は国内を中心に受注動向が健闘している印象が強いと指摘

オークマ<6103>が続伸。ゴールドマン・サックス証券では、工作機械各社を取り巻く事業環境が悪化しているなか、同社の受注動向は国内を中心に相対的に健闘している印象が強いと指摘。中国の工作機械受注見通しも従来比で上向くと予想し、6月にはものづくり補助金の採択がなされ、7~9月頃に同補助金による受注底上げ効果も期待できると解説。

レーティングを「売り」から「中立」へ、目標株価を740円から800円に引き上げている。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  2. 2
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
  4. 4
    20年3月期【最高益】銘柄リスト〔第2弾〕 42社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.