ログイン
2016年4月26日 14時38分
材料

225採用の食品株が堅調、全体指数下げ渋りに貢献

日清製粉グループ本社<2002>、日本ハム<2282>、キリンホールディングス<2503>、味の素<2802>、ニチレイ<2871>など日経225種採用の食品株が高く、全体指数の下げ幅縮小にひと役買っている。

相場全般は週明けから、前週買われた主力銘柄に利食いの動きが表面化している一方、食品などディフェンシブストックに資金シフトの動きがみられる。指標面ではやや割高に買われているもの多いが、為替の動向や海外株市場の影響を受けにくい点は強みで、日米の金融会合の影響に左右されにくい株価特性が足もとの物色資金を誘導しているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★ニーズウェル、カイオム、野村などに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月19日記) 市況
  4. 4
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】Sansan 注目
  5. 5
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.