ログイン
2016年4月27日 13時12分
材料

日立国際、国内大手証券では受注の回復は時間の問題という感を受けたと解説

日立国際電気<6756>が反発。現在は今日の高値圏で推移している。

国内大手証券は、26日に同社が16年3月期の決算説明会を開催したことを受け、リポートをリリース。半導体製造装置を扱う成膜プロセスソリューションの17年3月期の事業計画は、売上収益800億円(前期905億円)、営業利益100億円(同157億円)で、これは3月に策定した計画であり、足元の中国や3D―NANDの投資期待が余り織り込まれていない模様であると指摘。会社は18年3月期に市場が大きく伸びるとコメント、受注の回復は時間の問題という感を受けたと解説。

レーティングは「バイ」を継続。目標株価は1831円から1847円へ若干引き上げている。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ケア21、多摩川HD、杉本商などに注目! 注目
  3. 3
    再攻の機近づく!「20年3月期ピーク益更新」の割安有望株リスト <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 多摩川HD、幼児活動研、ケア21 (20日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月21日記) 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.