ログイン
2016年4月27日 13時38分
材料

ジグソーが急反発、建機向け大型商談への期待感と株式需給面に思惑

ジグソー<3914>が急反発、目先調整色をみせていたが、前日ザラ場中の1万8000円トビ台をターニングポイントに買いが再び優勢となり、きょうは一時1万9900円台まで切り返し2万円大台復帰を目前にとらえている。

電子デバイスに組み込みソフトを実装し自動監視や遠隔操作を行うシステムを展開するが、人工知能ソフトをベースとした自動制御システムなどを手掛けていることや、ロボット・自動運転ベンチャーのZMPと自動運転車用基本ソフトを共同開発するなど話題性に事欠かない。一方、業績面でも建機向け大型商談の成立から飛躍の可能性が指摘されている。前週末22日付大量保有報告でモルガン・スタンレーMUFG証券などが5.8%超の大株主に浮上したことが判明しており、需給面でも思惑を呼んでいる。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「燻る“二段下げ”懸念」 市況
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、しまむら、三越伊勢丹 注目
  5. 5
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.