ログイン
2016年5月7日 14時09分
材料

【今、この株を買おう】連休に読む5大テーマ(4)5G-モバイル:2020年東京オリンピック時に商用化へ

5G(第5世代移動通信)とは、現在の4Gや4GLTEの更に上位に位置付けられる通信方式である。アナログ方式(1G)からGSM/PDCなどのデジタル方式(2G)を経て3G(IMT-2000)に進化した携帯電話は、現在その後継となるLTE/LTE-Advanced(4G)への移行となり、5Gはその次の世代となる移動通信システムで、2020年以降の実用化が見込まれている。

「大容量化」「高速化」「低遅延化」と目指す姿はある程度固まり、今後、具体的な中身を詰めていく段階にある。NTTドコモ<9437>の先進技術研究所によれば、2020年に商用化するために「今年は準備の時期」となる。日本のほか、2018年の冬季五輪を控える韓国も導入を急ぐグループの1つだが、この2国だけではなく、米国の通信事業者であるSprint(スプリント)を傘下に収めるソフトバンク<9984>の動向は「競合他社で、どうでるかわからない」とのこと。まだ4年先とはいえ業界は着実に作業を進めている。

3月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」では、Ericsson(エリクソン)、Nokia(ノキア)などが実際に電波を飛ばした実験を披露した。このうちEricssonは2015年に続いて2回目で業界最大手の技術力を見せている。 Ericssonによると、5Gでは人だけでなく、モノも利用するネットワークを想定しており、セキュリティーの懸念もある。5Gは最初から業界の要件を満たす通信技術としてスタートしており、要件を定義しているときからセキュリティー面を重視してきているようである。

では5Gでどう変わるのかが注目されるが、NTTドコモ<9437>は、2020年の商用サービス開始を目標に、5G の技術開発を、世界の主要インフラベンダーと進めている。5Gの特徴として、LTEの100倍を超える「高速通信」、LTEの1000倍ものユーザーを収容できる「大容量化」、無線区間の「低遅延化」、多数の端末との「同時接続」、そして「低コスト」「低消費電力」などが挙げられている。

具体的な例をあげると、現在の4Gではフル尺の映画ファイルをダウンロードするのに8分以上かかるが、5Gでは5秒以下でそれができるようになるといわれている。基本的には通信容量が飛躍的にアップするので、現在のスマホやタブレットのみならず、時計やメガネ、衣服、クルマ(自動運転車では通信遅延があると命に関わる)、さらにはドローンや各種ロボットなど、あらゆるモノがワイヤレス通信に接続しても、持ち堪えることができる。つまり、IoT/IoE(IoE:Internet of Everythingの略で、日常生活に関わるすべてがインターネットにつながるという意味)時代の到来を前提にした通信方式と言えよう。

5Gは、多種多様な産業分野において新たなビジネス市場を創出し、豊かなライフスタイルを実現するものと期待されており、その早期実現のためには、移動通信技術関係にとどまらず、多種多様な業種・分野の方々が連携していくことが必要となる。なお、総務省の「電波政策ビジョン懇談会」において、第5世代移動通信システムのロードマップが示され、第5世代移動通信システムの早期実現のため、産学官が連携して強力に取り組んでいくことが必要であると明記されている。

なお、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)は第5世代移動通信システムの早期実現を図るため、第5世代移動通信システムに関する研究開発及び標準化に係る調査研究、関係機関との連絡調整、情報の収集、普及啓発活動等を行い、もって電気通信利用の健全な発展に寄与することを目的としている。

<主な関連銘柄>

NTTドコモ<9437>:2020年の商用サービス開始を目標に、5G の技術開発を世界の主要インフラベンダーと進めている

アルチザネットワークス<6778>:世界最大のC-RAN基地局の限界性能を測定するテスターを世界の大手通信キャリアや大手ベンダーに提供、すでに5Gへの準備もスタート

理経<8226>:スペインEMITE社、ネットウエルと5Gにも対応している製品「8x8 MIMOアナライザー」のサービス及びメンテナンス契約を締結

ジグソー<3914>:IoT/M2Mデバイス向け最新IoTチップ(イスラエルAltairsemi.社)の採用を決定したキャリアへのデファクトLTEモジュール開発をスタート

サイバーコム<3852>:通信分野を中心とした ソフトウェアの受託開発を行うが、「通信」をキーワードとしたソフトウェアの開発を最も得意とする

ヨコオ<6800>:半導体デバイスや車載通信用アンテナ等を手掛け、5G対応機器の開発を行う

アイ・エス・ビー<9702>:車載組込ソフトウェア開発を事業の柱としており、トレーサビリティ強化を進めることで高品質の確保を実現

ネクストジェン<3842>:次世代通信網の制御システム開発を行お、5G通信の開発を積極的に進めるNTTドコモにも通話管理システムを導入

このレポートは4月22日に発売された株ムック「今、この株を買おう 2016年春夏号」の要約版となります。「5大テーマで探る2016年株のトレンド!」という特集で、今回のフィンテックのほか、ドローン、ヘルスケア、5G、AR/VRの5大テーマを採り上げ、テーマ株全550銘柄を収録している中からの抜粋となります。

《KS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 株価“沸騰中” 6テーマ再検証・後編 ― 自動運転、フィンテック、AI <GW特集> (05/02)
  2. 株価“沸騰中” 6テーマ再検証・前編 ― バイオ、ドローン、有機EL <GW特集> (05/01)
  3. 【今週読まれた記事】17年3月期「最高益」「大幅増益」特集が人気 (05/07)
  4. 利益成長“青天井”銘柄リスト 16社選出 <成長株特集> (05/05)
  5. 株価“青天井”銘柄リスト ─ 逆風下、上場来高値を奪還! <GW特集> (05/06)
  6. 均衡表【買いシグナル】低PER 17社選出 <テクニカル特集> 5月6日版
  7. 相場急落で売られた【低PER&低PBR】銘柄リスト 26社選出 <テクニカル特集> 5月6日版
  8. 今年の【急騰】材料株 ベスト50 <GW特集> (05/03)
  9. 17年3月期【大幅経常増益】予想銘柄に照準 <GW特集> (05/04)
  10. 17年3月期増益を見込む、低PER「お宝候補」リスト 35社選出 <割安株特集> (05/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談共同記者会見、中国PMI、米1-3月期GDP改定値 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.