ログイン
2016年5月11日 14時32分
材料

ワールドホールディングス---1Q営業利益の進捗率26.5%、各セグメントの受注好調

ワールドホールディングス<2429>は9日、2016年12月期第1四半期(1-3月)決算を発表。売上高が前年同期比27.2%減の227.26億円、営業利益が同41.0%減の16.62億円、経常利益が同41.6%減の16.37億円、四半期純利益が同46.5%減の10.15億円だった。

前年同期比での減少要因は、不動産ビジネスで大型不動産売却計上が1Qに集中した事によるが、セグメント別に見ると、主要の人材教育ビジネスの予算進捗については、概ね予定通り、特にセグメント利益については30%増で順調に推移しており計画を上回る。また、不動産ビジネスについては、今期は、後半に引渡しを集中させる計画となっており概ね順調に推移。

ファクトリー事業の売上高が前年同期比2.7%増の68.25億円、セグメント利益が同2.8%減の4.76億円。スマートフォン関連の受注好調を受けた半導体分野と、カーエレクトロニクス関連の電気電子分野での新規大型案件の獲得に加え、前年下期に大型受注を受けた物流分野の順調な立上げによって売上高が伸張。また、福島県における被災者雇用の受託事業は、復興とともに売上規模は減少しているが、のべ人数14,616名の被災求職者に対して雇用創出し、継続的に復興支援を行っている。

テクノ事業の売上高が同7.5%増の24.62億円、セグメント利益が同15.0%増の3.11億円。自社雇用以上の人材投資が必要となっている自動車、半導体、ソフト開発、建設関連を中心に受注が堅調に推移している。R&D事業の売上高が同8.4%増の12.48億円、セグメント利益が同44.3%減の1.05億円だった。業績好調な製薬企業やジェネリック医薬品企業の研究投資の拡大による需要を受け、順調に推移。新卒採用を強化した結果、今期は前期の2倍となる約80名の採用を行っている。

セールス&マーケティング事業の売上高は同52.5%増の12.25億円、セグメント利益が同59.0%増の0.62億円だった。百貨店との直接取引増加に伴い、繁忙期イベントや地下食料品販売などのフロア単位での契約の増加と量販店の大口契約の獲得によって、売上高が拡大している。

16年12月期通期については、売上高が前期比13.8%増の1001.11億円、営業利益が同22.2%増の62.75億円、経常利益が同19.9%増の61.53億円、当期純利益が同0.1%増の38.14億円とする期初計画を据え置いている。経常利益に対する当期純利益の減少要因は、税制優遇が終了した為。通期計画に対する第1四半期営業利益の進捗率は26.5%となり計画を上回る。

《TN》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月24日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★清水建、フォーサイド、日本通信などに注目! New! 注目
  3. 3
    “電撃上昇相場”再始動へ、国策背景に動き出す「電線地中化」関連株 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    雨宮京子氏【G20大阪サミット接近、7月相場の急所を読む】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.