ログイン
2016年5月31日 7時47分
材料

ヒューマンホールディングス---成長戦略に沿ったビジネス展開に強み

ヒューマンホールディングス<2415>は教育を母体に、人材、保育、介護、美容関連、アリーナ、IT事業を展開している。成長戦略に沿ったビジネス展開に強みを持ち、保育園・学童保育・病院内保育やロボット、プログラミング教室の拡大、病院との連携を深めた介護施設など、持続的な成長が期待できる市場での事業を展開。

16年3月期のセグメント売上高構成比は、紹介予定派遣やエンジニア派遣、グローバル求人サイト運営のほか、業務受託(建設、行政、医療関連)など人材関連事業が56.4%と過半数を占める。その他、社会人、全日制教育の通学講座 ・通信講座・カルチャースクール・留学サポート・日本語学校・キッズ、ジュニアスクールなど教育事業が28.7%。通所介護、グループホーム、介護付有料老人ホーム、小規模多機能型居宅介護を主軸とする介護事業が12.8%。ネイルサロン運営、アリーナ事業などその他の事業が2.1%となる。

足元の業績では2016年3月期の売上高が前期比10.4%増で4期連続増収の690.78億円、営業利益が同8.6%減の18.83億円、経常利益が同5.4%減の21.08億円、当期純利益が同6.9%減の10.63億円だった。17年3月期については、売上高が前期比10.6%増の763.71億円、営業利益が同21.4%増の22.87億円、経常利益が同10.8%増の23.35億円、当期純利益が同35.6%増の14.42億円と8期ぶりの過去最高売上高更新を見込んでいる。人材派遣では、研修を通じたキャリア形成支援、コンサルティングやカウンセリング、フォローアップの充実、AI技術を駆使した募集強化など付加価値を高める。人材紹介では施工管理・設計など建設技術者の転職支援に注力。海外事業展開では、IT分野におけるオフショアビジネスの拡大に注力。また、人材派遣業務で売上を引き上げながら業務受託に転換し、利益率の上昇を狙う。

教育事業においては、社会人教育事業では、通学講座、通信講座の販売を増加。児童教育事業ではロボットFC加盟教室の拡大に加え、プログラミングコースの新規開発を行うほか、保育事業では引き続き認可保育園を主に新規開園を図る。介護事業においては、主力のデイサービスにおいては、ケアマネジャーとの関係性を強化。施設系サービスについては、医療機関との連携を強化する。

《TN》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月20日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★イーブック、北越コーポ、プロレドなどに注目! 注目
  3. 3
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.