ログイン
2016年6月6日 11時02分
材料

食品セクターの強さ際立つ、円高歓迎で需給関係も良好

カゴメ<2811>、キユーピー<2809>、森永製菓<2201>、日清オイリオグループ<2602>、明治ホールディングス<2269>など食品関連株に買いが目立つ。全般下げ相場のなかで、為替の円高が輸入コストの低下メリットとしてプラスに作用するディフェンシブストックとして消去法的な買いが向かっている。信用取組も買い残を売り残が上回る売り長の銘柄が多く、需給面の強みも反映されている格好だ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  2. 2
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
  3. 3
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    “生活防衛”という名の追い風、消費増税の裏テーマ株「リユース関連」が翔ぶ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (6月18日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.