ログイン
2016年6月6日 14時23分
材料

日ピラ工に買い優勢、半導体装置関連株の水準訂正受け出遅れ妙味浮上

日本ピラー工業<6490>が買い優勢。900円を軸とする中段もみ合い圏にあるが徐々に売り物がこなれてきた。同社は半導体製造装置向けにフッ素樹脂製品の「ピラフロン」を手掛けており、需要は底堅く推移。ここ東京エレクトロン<8035>など製造装置関連が世界的な半導体投資需要の増勢を背景に株価強調展開となるなか、「出遅れ修正妙味が意識されている」(国内中堅証券)もようだ。「自動車衝突防止向けミリ波レーダー対応のフッ素樹脂基板にも注目が集まっている」(同)という。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ライフネット、神戸物産、ニトリHD 注目
  3. 3
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月22日版 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月23日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.