ログイン
2016年6月7日 12時19分
材料

ヤクルト、国内大手証券は広州での新たな取り組みの成果に注目

 ヤクルト本社<2267>が小幅ながら3日続伸。現在は今日の高値圏で推移している。

 SMBC日興証券はリポートで、同社のアジア・オセアニアセグメントに含まれるインドネシア事業は、ルピア安などを背景としたマクロ経済の逆風下でも、販売数量が前年を10%以上超えていると紹介。インドネシアでは、ヤクルトの販売量のうち、店頭販売と宅配販売の割合がほぼ5:5で、宅配の構成比が上昇傾向にあり、顧客との対面販売である宅配は景気変動の影響を受けにくいと指摘。半面中国は、宅配依存度が15%程度と低く、店頭チャネルのほうがマスマーケティングの手法を活用して販売数量を拡大し易い半面、ディフェンシブ性は低いと解説。同社の広州での新たな取り組みの成果に注目している。

 投資評価は「2」(中立)を継続。目標株価は5820円から4670円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月22日発表分) 注目
  2. 2
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月22日) 注目
  4. 4
    フードデリバリー関連株に上昇ダブル旋風、待ち受ける株高の夏 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    窪田朋一郎氏【平成から令和へ、10連休後の東京市場はどうなる】(1) <相場観特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.