ログイン
2016年6月7日 14時05分
材料

欧州大手証券は5月の工作機械受注も低迷を予想

クレディ・スイスの機械セクターのリポートでは、4月の工作機械受注は32カ月ぶりに好悪分岐点の1000億円を割り込んだと指摘。5月受注も低迷が続く可能性が高いとみて(同証券予想970億円)、ファナック<6954>を中心に工作機械やFA関連銘柄を中心にネガティブな材料になりそうと解説。

セクター判断は「マーケットウエイト」を継続している。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月21日発表分) New! 注目
  2. 2
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ソフトバンクG、スズキ、愛三工 注目
  4. 4
    【REIT高配当利回り】ランキング (5月17日現在) 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=全般は買い意欲盛り上がらず、一部内需株に物色の矛先 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.