ログイン
2016年6月15日 9時07分
材料

FFRIが反発、JTB顧客情報大量流出でサイバーセキュリティー関連再浮上

FFRI<3692>が反発。JTBが同社子会社のサーバーに外部からの不正アクセスがあり、最大約793万人の顧客情報が流出した可能性があると発表したことを受け、サイバー犯罪への警戒感が高まっている。これは「標的型メール」に分類されるサイバー攻撃で、対策の重要性が再びクローズアップされる方向にある。そのなか、FFRIはヒューリスティックエンジンにより未知のウイルスを検知する技術で先駆しており、関連有力株として再度脚光を浴びている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:レオパレス、三越伊勢丹、しまむら 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月24日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、しまむら、三越伊勢丹 注目
  4. 4
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):Gunosy、ハウス食G、そーせい 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.