ログイン
2016年6月20日 12時22分
材料

横河電、欧州大手証券は弱めな業績ガイダンスなど各種リスクは織り込まれた印象と指摘

 横河電機<6841>が続伸。カイ気配で始まり、堅調な値動きとなっている。

 クレディ・スイス証券では、考えられてきた弱めな業績ガイダンスなどの各種リスクは株価に織り込まれた印象と指摘。業績の先行指標であるオイルメジャーにおけるダウンストリーム営業利益は比較的堅調を維持しているとして、マクロ環境の不確実性が増すなか、営業利益の約65%をMROで稼ぎ出すディフェンシブな収益構造を高く評価。

 レーティングを「アンダーパフォーム」から「アウトパフォーム」に、目標株価を1000円から1400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月24日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月24日) 注目
  3. 3
    高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 4月24日版 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月24日版 特集
  5. 5
    どう攻めるFA関連株、年後半相場「投資の処方箋」 <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.