ログイン
2016年6月20日 14時27分
材料

国内大手証券の半導体製造装置セクター見解、今後3D‐NAND関連の設備投資は急速に盛り上がる

国内大手証券の半導体製造装置セクターのリポートでは、16年後半に3D‐NANDが半導体製造装置市場を強力に牽引すると予想していたものの、6月に入りフラッシュメモリーの需給は逆転したと指摘。需要超過になり、今後さらに需給ギャップが拡大するとの見方で、今後、3D‐NAND関連の設備投資は急速に盛り上がると解説。

個別銘柄では、半導体製造装置前工程メーカーの中で最もメモリー投資による恩恵が大きい日立国際電気<6756>に加え、ディスコ<6146>と東京精密<7729>もレーティング「バイ」で推奨している。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★イメージワン、ビープラッツ、キタックなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月27日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  5. 5
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.