ログイン
2016年6月21日 14時57分
材料

アマダHD、国内大手証券から業績の相対的な安定、バランスシート改革や株主還元での評価を続けるとのリポート

アマダホールディングス<6113>が小動き。前日終値1150円近辺で推移している。

国内大手証券は、板金・工作機械業界の中では、業績の相対的な安定、バランスシート改革や株主還元(17年3月期予想配当利回り3.8%)での評価を続けるとのリポートをリリース。板金機械の用途が製造業だけでなく建築・住宅・通信など消費・非製造業系(構成比3割)も含め広いほか、自助努力の戦略として製品ではファイバーレーザー加工機、地域では北米など海外拡販を打ち出していると指摘。これらの成果が更に見え、業績予想の増額が可能となれば、よりポジティブになるとの見解を示している。

レーティングは「ニュートラル」を継続し、目標株価は1120円から1170円へ引き上げている。

《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月21日発表分) 注目
  2. 2
    すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 特集
  3. 3
    【REIT高配当利回り】ランキング (5月17日現在) 特集
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ソフトバンクG、スズキ、愛三工 注目
  5. 5
    明日の株式相場見通し=全般は買い意欲盛り上がらず、一部内需株に物色の矛先 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.