ログイン
2016年7月7日 14時18分
材料

国内大手証券、ファインケミカルセクターの株価パフォーマンス上位は東ソー、積水化学、デンカと予想

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券のファインケミカルセクターのリポートでは、為替変動の影響を受けやすいのは三菱ガス化学<4182>、ダイセル<4202>、カネカ<4118>で、3社はドル円1円の変動による営業利益へのインパクトが1%を超えると指摘。逆に、為替変動の影響を受けにくいのはトクヤマ<4043>、日産化学工業<4021>、積水化学工業<4204>とみて、今後の株価パフォーマンス上位は、東ソー<4042>、積水化学、デンカ<4061>と予想。

 ディフェンシブ性から積水化学のトップピックを継続している。
《MK》

株探ニュース

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月25日発表分) New! 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月25日) 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】続報 (04月25日) 注目
  4. 4
    本日の決算発表予定 … 任天堂、ZOZO、アステラスなど 117社 (4月25日) 注目
  5. 5
    ZOZO、今期経常は24%増益、6円増配へ 決算
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.