ログイン
2016年7月11日 13時25分
材料

新明和工など防衛関連株に物色の矛先、参院全議席数の3分の2達成で改憲機運に高まり

 新明和工業<7224>が6日ぶりに5%超の大幅高。東京計器<7721>、日本無線<6751>なども反発に転じたほか、豊和工業<6203>は3日続伸と、防衛関連株に位置付けられる銘柄に短期資金の矛先が向いている。10日に投開票された参院選では自民・公明の与党が大勝し、参院でも議席数が「改憲」に必要な全議席数の3分の2を占めたことから、安倍首相の念願でもあった改憲機運が高まりをみせている。現時点では思惑先行とはいえ、防衛省と取引実績の厚い防衛関連銘柄には予算面で追い風が吹くとの見方が買いを引き寄せているもようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月25日) 注目
  2. 2
    本日の決算発表予定 … 任天堂、ZOZO、アステラスなど 117社 (4月25日) 注目
  3. 3
    ZOZO、今期経常は24%増益、6円増配へ 決算
  4. 4
    話題株ピックアップ【昼刊】:Vコマース、航空電子、サンバイオ 注目
  5. 5
    任天堂、今期経常は6%減益、前期配当増額も今期減配 決算
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.