ログイン
2016年7月12日 13時16分
材料

ソフトブレーンが後場一時12%高、Watsonエコシステムプログラムに参加を発表

ソフトブレーン<4779>が後場上げ幅を拡大し、一時、前日比58円(11.7%)高の553円まで買われている。午後1時ごろ、IBM Watsonエコシステムプログラムに参加すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

同プログラムは、Watsonテクノロジーを活用することで、エンドユーザーへ新たな価値と利便性を提供し、パートナー企業のビジネス拡大・創出を目的としてつくられたもの。ソフトブレーンは、データ提供やアプリ開発への技術支援を受けられるテクノロジーパートナーとして、Watsonを活用した新たな技術開発に取り組むとしており、その第1弾として、ソフトバンクロボティクス(東京都港区)が提供する人型ロボット「Pepper」を使った受付システム「eレセプションマネージャー」のWatsonとの連携を行うという。これにより、自然言語による応対の自動判断ができるようになり、より人間的な受付対応が可能になるとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、KLab、ブレインP 注目
  2. 2
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
  3. 3
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  4. 4
    上昇気流に乗る「J-REIT」、初の敵対的買収劇にどよめく市場 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (5月22日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.