ログイン
2016年8月15日 10時12分
材料

翻訳センター---1Q営業利益233.5%増、コアビジネスである翻訳事業が堅調に推移

翻訳センター<2483>は9日、2017年3月期第1四半期(16年4-6月)決算を発表。売上高が前年同期比22.8%増の25.93億円、営業利益が同233.5%増の1.73億円、経常利益が同258.2%増の1.77億円、四半期純利益が同478.4%増の1.12億円だった。

翻訳事業では、特許分野では特許事務所における受注が堅調に推移したほか、企業の知的財産関連部署からの受注も好調に推移した。医薬分野では、外資製薬会社からの安定した受注と国内製薬会社や医療機器関連企業における受注が拡大した。通訳事業では、保険・銀行・証券など金融関連企業や医薬品関連企業などからの受注が堅調に推移した。コンベンション事業は、今年6月に福岡で開催された大型国際会議「第99回ライオンズクラブ国際大会」などを運営し、好調に推移した。

17年3月期通期については、売上高が前期比5.6%増の97.00億円、営業利益が同21.5%増の6.50億円、経常利益が同21.6%増の6.50億円、当期純利益が同2.4%減の4.20億円としている。従来予想から売上、利益ともに上方修正している。コアビジネスである翻訳事業が堅調に推移していること、大型国際会議の運営によりコンベンション事業が好調に推移していることが寄与。従来の通期計画は、売上高が96.00億円、営業利益が6.20億円、経常利益が6.20億円、当期純利益が4.00億円だった。

《TN》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★清水建、フォーサイド、日本通信などに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月25日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月24日発表分) 注目
  4. 4
    “電撃上昇相場”再始動へ、国策背景に動き出す「電線地中化」関連株 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】ヤマトHD 【売りトップ】ガンホー [08:33] 特報
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.