ログイン
2016年10月13日 11時28分
材料

津田駒が続落、第3四半期はインドで繊維機械好調で営業黒字転換も材料出尽くし

津田駒工業<6217>が続落。12日取引終了後に発表した16年11月期第3四半期累計(15年12月~16年8月)の連結決算は、営業損益が4億8800万円の黒字(前年同期3億5600万円の赤字)と黒字転換したが、材料出尽くし感から売られている。

売上高は289億円(前年同期比7.6%増)で着地。工作機械関連事業は、熊本地震やものづくり補助金制度待ちの買い控えなどにより苦戦したが、繊維機械事業では中国市場の落ち込みをインド市場でカバーする形で計画通りに推移したほか、コンポジット機械で航空機部材の製造設備として自動積層機の受注もあったことが全体の業績を牽引した。ただ、株価は9月15日に年初来高値170円を付けたあとも高値圏で推移しており、利益確定の売りが広がっている。

なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高400億円(前期比8.4%増)、営業損益6億円(前期2億7400万円の赤字)、最終損益4億円(同4億4300万円の赤字)を見込んでいる。

同時に、従来未定としていた配当は無配と決定した。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第2弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月24日現在) 特集
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.