ログイン
2016年10月25日 9時53分
材料

アドバンテは売り一巡後下げ渋る、4~9月期業績観測がコンセンサス以下も3次元メモリー特需に期待

アドバンテスト<6857>は下値を探る展開となっている。IoTやビッグデータの普及加速でデータセンターの増設需要が拡大しており、半導体製造装置需要にも追い風が強い。同社は半導体の後工程であるテスターでその恩恵を享受、特にサーバーへの搭載が進捗している3次元NAND型メモリー向けで新たな需要を取り込んでいくことが予想されている。

そのなか、25日付の日本経済新聞が「(同社の)16年4~9月期の連結業績は営業利益が75億円程度だったようだ」と報じた。米国会計基準だった前年同期との比較で1割の増加となり、円高の影響をこなして17年3月期の利益計画が上振れする可能性についても触れている。4~9月期の市場のコンセンサスには届かなかったことで、足もとは売り優勢の展開を余儀なくされているが、下期以降の3次元NAND型メモリー特需を見込んで売り一巡後は押し目買いに下げ渋っている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月17日発表分) 注目
  2. 2
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月17日現在) 特集
  3. 3
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    【植木靖男の相場展望】 ─ 理想売りの段階は終わる!? 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ リバウンド狙い!米中懸念を織り込み相場反転へ 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.