ログイン
2016年10月25日 10時40分
材料

東エレク、日立国際など半導体装置関連が買われる、3次元NAND向けで装置需要増勢

東京エレクトロン<8035>、日立国際電気<6756>、SCREENホールディングス<7735>、ディスコ<6146>など半導体製造装置関連株が総じて堅調。外国為替市場でドルが買われ、足もと1ドル=104円40銭近辺と円安に傾いていることが追い風材料となっているほか、前日の米国株市場では半導体関連株が牽引役となって全体指数を押し上げており、その流れが東京市場にも波及している。

個別にアドバンテスト<6857>は16年4~9月期の業績好調観測が出たものの、市場コンセンサスを下回ったことで売りに押されているが、半導体の中期的な需要拡大見通しが強まるなかで業界に吹くフォローの風は強いという認識が浸透している。特に、ビッグデータ普及を背景としたデータセンターの増設需要やモバイル端末の進化などが、産業革新ともいわれる3次元NAND型フラッシュメモリーの需要を加速させる方向にあり、半導体装置を手掛ける企業群には収益機会が膨らむとの見方が強い。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★ケア21、多摩川HD、杉本商などに注目! 注目
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月21日記) 市況
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 多摩川HD、幼児活動研、ケア21 (20日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    再攻の機近づく!「20年3月期ピーク益更新」の割安有望株リスト <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.