ログイン
2016年11月11日 7時54分
材料

ワールドHD---3Q営業利益31.6%増、人材・教育はファクトリー、セールス&マーケが牽引、不動産は営業利益を拡大

ワールドホールディングス<2429>は7日、2016年12月期第3四半期(16年1-9月)決算を発表。売上高が前年同期比0.1%減の696.75億円、営業利益が同31.6%増の65.06億円、経常利益が同31.4%増の64.54億円、四半期純利益が同3.4%増の36.78億円となり、当初の計画を上回るなど順調に推移している。

人材・教育ビジネスのファクトリー事業の売上高は前年同期比8.9%増の216.23億円、セグメント利益は同16.2%増の15.39億円。物流分野は大規模案件がスムーズに立ち上がったほか、製造分野はスマートフォン関連の半導体を中心に売上高が拡大した。R&D事業の売上高は同16.9%増の40.22億円、セグメント利益は同0.4%減の3.61億円。医療機器メーカーやジェネリック医薬品メーカーからの受注が増加した。セールス&マーケティング事業の売上高は同45.6%増の40.21億円、セグメント利益は同54.3%増の2.36億円。販売員派遣を行っているCB部門は百貨店や量販店からの案件が増加。コールセンター等のオペレーター派遣を行っているOCS部門も順調に拡大している。

また不動産ビジネスにおける、自社開発物件や事業用地の引渡しが順調に推移したことにより、売上高は同4.0%減の264.22億円、セグメント利益が同46.5%増の49.99億円と大幅な増加になったことが、今期の増益に大きく貢献している。

16年12月期通期については、売上高が前期比13.8%増の1001.11億円、営業利益が同22.2%増の62.75億円、経常利益が同19.9%増の61.53億円、当期純利益が同0.1%増の38.14億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 1000円安・1000円高を演出した「アルゴ売買」の真実 <うわさの株チャンネル> (11/10)
  2. ★本日の【サプライズ決算】 続報 (11月10日)
  3. 底打ちの7-9月期「増収増益」銘柄リスト 35社選出 <成長株特集> 11月10日版
  4. 自動車“軽量化”急務で注目の「マルチマテリアル」、各社取り組み <株探トップ特集> (11/10)
  5. 年末IPO戦線「ZMP」降臨か、その実力と自動運転関連株を探る <株探トップ特集> (11/02)
  6. 立ち上がる 有機EL “4兆円”メガマーケット、「王道」関連株を今 <株探トップ特集> (11/05)
  7. <話題の焦点>=普及加速する“仮想通貨”、“決済サービス”の動き拡大 (11/08)
  8. 武者陵司のストラテジーブレティン 「新大統領は米国の新時代を開くか?」 (11/10)
  9. 「トランプの真実」~次期米大統領ドナルド・トランプの本当の姿を伝える良書 (11/10)
  10. <話題の焦点>=ヨーグルトの供給体制強化へ、高需要受け増産相次ぐ (11/10)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=半導体周辺の主力株と中小型株の動きに注目 市況
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月26日) 注目
  4. 4
    逆転の発想、究極のエコ「CO2資源化」関連が“株高”生成へ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    キーエンスが3日続伸で底入れの動き、FA用センサーの需要拡大に期待 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.