ログイン
2017年2月19日 19時30分
特集

10-12月期“利益成長株”ベスト30【大中型株編】 <成長株特集>

16年4-12月期(第3四半期累計)の決算発表がほぼ出そろった。株探集計によると、4-12月期決算を発表した約2400社のうち、直近3ヵ月の実績である10-12月期(第3四半期)に前年同月比で経常利益が増益もしくは黒字転換した企業は全体のおよそ6割に上った。企業収益は昨年11月以降に進んだ円安の後押しを受けながら上振れ基調を続けている。

本特集では、時価総額1000億円以上の銘柄を対象(金融・電力を除く)に、直近3ヵ月の10-12月期(第3四半期)に利益成長が著しい経常増益率の上位30社をピックアップし、増益率の高い順に並べた。下表では、四半期ベースの「増益連続期数」、4-12月期経常利益の通期計画に対する進捗割合を表す「対通期進捗率」も併せて記した。

増益率トップの大京 <8840> は利益率の高いマンションの引き渡しが大きく進み、10-12月期の経常利益は前年同期比8.2倍の59.7億円に急拡大して着地。2位のアルパイン <6816> は円安による輸出採算の改善や為替差益の発生に加え、持分法投資利益の増加で利益が急回復した。

選出リストでは、アルパインをはじめ、円安が好影響をもたらした企業が多く入っている。3位の北越紀州製紙 <3865> はカナダのパルプ会社の買収効果、4位のニプロ <8086> は医薬品事業の好調に加え、両社とも為替差益の発生が利益を大きく押し上げた。

5位の三井物産 <8031> は鉄鉱石・石炭価格の上昇、8位のジェイ エフ イー ホールディングス <5411> は棚卸資産評価益の発生や円安が追い風となった。7位のソフトバンクグループ <9984> の利益回復は米スプリントの損益改善によるところが大きい。

9位の島精機製作所 <6222> 、11位の日新電機 <6641> 、14位のセガサミーホールディングス <6460> は売上高も2ケタ増を達成している。島精機はニット横編機、日新電は液晶・有機EL製造用イオン注入装置、セガサミーはパチスロ機といった主力製品の販売が好調だった。さらにコスト削減や原価低減を進めたことも利益を増幅させた。島精機は円安効果も大きかった。

このほか、21位の東ソー <4042> 、23位の三井化学 <4183> の化学2社は石油化学製品などの採算が大きく改善した。

┌ 経常利益 ┐  増益  対通期

コード 銘柄名    増益率 10-12月 連続期数 進捗率 予想PER

<8840> 大京       721   5977    1  64.8   13.8

<6816> アルパイン    614   7158    1   119   17.8

<3865> 北越紀州紙    525   5506    2  89.2   17.7

<8086> ニプロ      355  17041    2   119   18.3

<8031> 三井物      329  155684    2   -   10.0

<5741> UACJ     287   5441    1  71.3   19.2

<9984> ソフトバンク   285  309632    1   -    -

<5411> JFE      271  54319    1  63.1   24.8

<6222> 島精機      271   2630    2  61.8   24.2

<6417> SANKYO   252   7499    1   144   127

<6641> 日新電      236   7920    5  77.3   13.5

<7242> KYB      229   6277    2  73.1   11.9

<5949> ユニプレス    200   7431    2  81.0   10.7

<6460> セガサミー    194  19923    1   131   13.3

<6963> ローム      187  22846    1  98.7   33.6

<4528> 小野薬      172  25066    4  79.7   25.5

<6971> 京セラ      159  50128    1  75.9   25.4

<4043> トクヤマ     159  10664    6  93.2   9.6

<4516> 日新薬      157  12661    3   141   46.0

<9766> コナミHD    154  12613    4  82.5   26.4

<4042> 東ソー      145  38855    2  71.9   9.2

<5975> 東プレ      142   7619    2  78.8   11.9

<4183> 三井化学     140  27598    4  76.4   9.9

<8058> 三菱商      139  276807    3   -   9.4

<7287> 日精機      139   9985    1  81.6   12.9

<7735> スクリン     120   9092    1  69.3   14.8

<5901> 洋缶HD     116  15749    2  98.7   17.2

<6702> 富士通      111  42173    3   -   15.9

<8933> NTT都市    107   9873    1  70.2   20.1

<7974> 任天堂      106  79993    2   164   31.2

※経常利益の単位は百万円。今期赤字見通しの銘柄は除いた。

※「-」:今期の経常利益もしくは最終利益が非開示のため、算出していません。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 10-12月期“利益成長株”ベスト30 【小型株編】 <成長株特集> (02/21)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【第3弾】 26社選出 <成長株特集> (02/16)
  3. 本格反騰前夜、“超買い場”の好業績「リバウンド候補」12選 <株探トップ特集> (02/15)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ トランプ相場に乗り切れぬ日本の“なぜ” (02/19)
  5. まだ間に合う、2月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/18)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月17日現在)
  7. 10万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」32社選出 <割安株特集> (02/19)
  8. 高齢化するアジア“300兆円市場”獲得へ、「介護輸出」の今 <株探トップ特集> (02/18)
  9. 【今週読まれた記事】ボックス相場は「青天井」株で突き破る (02/18)
  10. 上昇トレンドに乗る【低PER&低PBR】 44社選出 <テクニカル特集> 2月17日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月22日発表分) 注目
  2. 2
    総投資額1兆円超え、首都圏鉄道投資で急発進前夜の中小型株とは <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、KLab、ブレインP 注目
  4. 4
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=株価指数先物主導の売買優勢、日経平均は方向感欠く推移 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.