市場ニュース

2017年3月20日 19時03分
【市況】 連休中、世界の市場はこう動いた=円高進行で日経平均先物は大幅安

 春分の日で日本市場が休場となった20日、為替市場でドル安・円高が進行。午後6時現在、シカゴの日経平均先物は17日現物終値を大きく下回っている。

 前週末17日の日本時間午後10時すぎからドル安・円高が進行。東京時間に113円台前半で推移していたドル円は、NY時間に入り112円50銭前後まで下落。これを受け、シカゴの日経平均先物6月限は一時1万9265円まで下落した。

 20日のアジア株式市場で上海総合指数は0.41%高と反発、香港ハンセン指数は0.79%高と続伸。日本時間夕方に始まった欧州株式市場は独DAX指数、英FTSE 100指数が小幅に下落している。

 為替は1ドル=112円70銭台で推移。17日のNY時間に進行したドル安・円高水準での動きが継続している。シカゴの日経平均先物6月限は1万9300円台前半で推移。17日の現物終値1万9521円を大きく下回っている。

株探ニュース

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:CeBIT 2017、IPOラッシュ、森友学園問題 (03/18)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月17日発表分)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 輝き増す高配当銘柄、すくむ市場に活路! (03/19)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 森友学園は気掛かりだが、期待できるぞッ春相場! (03/19)
  5. 【今週読まれた記事】変化の兆しと「復活株」、“最強選抜”銘柄が大人気 (03/18)

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知