ログイン
2017年4月17日 20時00分
特集

観測“内需株”押し目買い、「円高」進行で注目の増益株 <株探トップ特集>

―日経平均5日ぶり反発、18年2月期“大幅増益”予想銘柄に照準―

週明け17日の東京株式市場は、外国為替市場での円高・ドル安進行を嫌気して、前場の日経平均株価は、前週末比マイナス圏での推移となった。ただ、後場に入ると小売り、食品、不動産など円高によるマイナス影響の少ない内需系銘柄を押し目買いする動きが活発化して、日経平均の終値は前週末比19円63銭高の1万8355円26銭と小幅ながら5日ぶりに反発した。そこで、内需系銘柄の多い2月期決算企業について、今期(18年2月期)の経常利益が大幅増益見通しとなっている銘柄に注目した。

●ディップはスマホシフトのサービス充実で5期連続最高益更新へ

ディップ <2379> は12日、18年2月期の単独業績予想を発表した。売上高380億円(前期比14.5%増)、経常利益105億100万円(同14.9%増)を見込んでいる。同社はこれで、5期連続で過去最高益を更新することになる。今期も旺盛な求人需要を追い風に、アプリ強化やコンテンツの充実はもちろん、今後スマートフォンの保有率および求人需要の伸びが期待されるパート層、シニア層の獲得や、社員採用へのニーズにも対応したサービスの充実に注力する。これにより、主力とするアルバイト求人情報サイト「バイトル」や派遣求人サイト「はたらこねっと」の広告出稿拡大が予想され、5期連続の増収増益を見込む。

●ピックルスはブランド力の向上で今期経常利益67%増へ

漬物業界トップのピックルスコーポレーション <2925> [東証2]は11日、18年2月期の連結業績予想を発表した。売上高は372億3200万円(前期比4.0%増)、経常利益14億5100万円(同67.4%増)と3期ぶりに過去最高益を更新する見通し。営業面では、「ご飯がススム」をはじめとしたナショナルブランド商品の拡販を軸としたブランド力の向上により、新規取引先の開拓や既存得意先の深耕を図る。製品開発面では、浅漬、キムチ、総菜製品およびその他新たなカテゴリーの製品開発や他社との共同開発に積極的に取り組む。また、契約栽培の拡大による原料野菜の安定調達と原材料購買方法の見直しなどを継続実施し、原料コストの増加の抑制を図る。

●ツインバードはOEM受注の拡大で経常利益V字回復へ

ツインバード工業 <6897> [東証2]は14日、18年2月期の連結業績予想を発表した。売上高140億円(前期比4.4%増)、経常利益4億2000万円(同64.1%増)を見込んでいる。国内向け販売では、ツインバードブランドのライフスタイル家電の新商品投入、量販店向けの流通PBの商品ラインアップの拡充、国内製造回帰によるOEM受注の拡大を図る。海外向け販売では、連結子会社双鳥電器(深セン)有限公司による中国販売や韓国・香港・台湾などの販売代理店取引の深耕に加え、成長市場である東南アジアを中心に新規販路開拓に注力し、海外向け販売の拡大を図るとしている。

●ソーバルはプロジェクトリーダーの育成で今期経常利益14%増へ

組み込みソフト開発の技術者派遣、請負を手掛けるソーバル <2186> [JQ]は12日、18年2月期の連結業績予想を発表した。売上高81億2000万円(前期比2.6%増)、経常利益5億6900万円(同13.8%増)と見込んでいる。既存の事業に加え、AI(人工知能)自動運転などの新規技術、さらに17年4月1日付で譲り受けたIoT(モノのインターネット)プラットフォーム事業を活用し、より強固な営業基盤を築き、業務分野ならびに新規顧客の拡大に努めていく。また、引き続き優秀な技術者の確保および育成が重要となるため、今後もプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーの育成や教育に関する投資も積極化する。

●オリンピックは価格訴求で集客力アップ図り経常利益50%増予想

Olympicグループ <8289> は12日、18年2月期の連結業績予想を発表した。売上高は1090億円(前期比0.7%増)、経常利益10億円(同50.4%増)を見込んでいる。同社は、これで5期連続増収、3期連続増益となる。引き続き価格訴求により集客力アップを図るとともに、店舗規模や地域特性に応じた臨機応変な事業展開を行うことにより、販売力を強化する。また、グループ間での業務の効率化を進めることによりローコスト運営を徹底していく。

◆主な18年2月期「経常大幅増益」予想銘柄◆

銘柄         今期増益率 株価  PER

ありがとうS <3177>   17.2   2830  10.4

キリン堂HD <3194>   11.7   825  13.2

SI <3826>        2.0倍   698  13.7

ベクトル <6058>     36.9   1349  33.9

アクアライン <6173>   11.2   1383  10.8

S Foods <2292>  10.7   3245  13.0

レイ <4317>       13.3   269  12.4

ツインバード <6897>   64.1   498  18.9

TKP <3479>      18.4  11400  30.6

IDOM <7599>     15.4   598  21.7

協立情報通信 <3670>   19.4   1634  10.1

ディップ <2379>     14.9   2237  17.7

ソーバル <2186>     13.8   1340  14.4

オリンピック <8289>   50.4   540  20.7

ATAO <3550>     12.6   3965  24.3

良品計画 <7453>     10.2  24940  23.1

パルHD <2726>     29.9   2476  13.4

ピックルス <2925>    67.4   1399   8.5

ケーヨー <8168>     22.2   616  28.7

※株価は17日終値、単位:%、円、倍

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. 10万円以下で買える、5期連続最高益「お宝候補」23社選出 <割安株特集> (04/15)
  2. 円高リスク少ない内需株、【青天井】押し目候補リスト 〔第2弾〕 <成長株特集> (04/16)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (4月14日現在)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 選別の鍵は「地政学リスク=円高」への抵抗力! (04/16)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─肝要なのは現状を正しく認識すること! (04/16)
  6. 究極の逆張り候補「10銘柄」、嵐去りし後“鮮烈リバウンド” <株探トップ特集> (04/12)
  7. 4月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/16)
  8. 国策「働き方改革」がIT業界ビッグウェーブを生み出すワケ <株探トップ特集> (04/15)
  9. 大塚竜太氏【ここは買い場か見送りか、視界不良相場の行方】(1) <相場観特集> (04/17)
  10. MACD【買いシグナル】低PER 41社選出 <テクニカル特集> 4月17日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ケア21、多摩川HD、杉本商などに注目! 注目
  3. 3
    再攻の機近づく!「20年3月期ピーク益更新」の割安有望株リスト <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 多摩川HD、幼児活動研、ケア21 (20日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.