市場ニュース

2017年4月21日 9時07分
【材料】 三菱UFJなどメガバンクがトレンド転換、米長期金利上昇と金融株高が波及

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、三井住友フィナンシャルグループ<8316>、みずほフィナンシャルグループ<8411>などメガバンクは買い優勢の展開。前日に揃って底入れの動きをみせたが、きょうも戻り足を継続、下降トレンドからの転換を示唆している。前日の米政府高官の発言を受けトランプ政権の経済政策への期待が再燃、朝鮮半島や中東地域などの地政学リスクに対する不安心理も足もとやや後退しており、米長期金利は再び上昇基調にある。これを受けて前日の米国株市場では、ゴールドマン・サックスやシティグループ、JPモルガンなどの大手金融株が買われており、これがメガバンクの買い戻しを後押ししている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 絶好調の18年2月期、【最高益更新】52社一挙公開 <成長株特集> (04/20)
  2. <話題の焦点>=「働き方改革」で再脚光、人材関連株が飛躍へ (04/20)
  3. 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER 17社選出 <テクニカル特集> 4月20日版
  4. 広がる“インスタグラム発”ヒット、消費行動変化の「恩恵株」は <株探トップ特集> (04/20)
  5. 【メガバンク】関連の銘柄一覧

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知