ログイン
2017年5月31日 12時18分
材料

スリープログループ----第2四半期2ケタ増収増益の見通し、純利益46.5%増

スリープログループ<2375>が30日、2017年10月期第2四半期(16年11月-17年4月)連結決算を発表。売上高が前年同期比22.3%増の68.71億円、営業利益が同29.2%増の2.41億円、経常利益が同36.4%増の2.54億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同46.5%増の1.60億円だった。

BPO事業の売上高は前年同期比20.8%増の61.39億円、セグメント利益は同20.2%増の5.09億円となった。通信キャリアの新規顧客開拓や家電量販店での営業・販売支援サービスは、海外PCメーカーの店頭販売支援サービス並びに家電量販店を中心とした販売支援業務で、人型ロボット等の新商材に対する営業を強化する一方、既存サービスも効率的な運営に注力し、堅調に推移した。スマートフォン・タブレット端末向けのキッティング業務や携帯電話・スマートデバイス無線通信の基地局案件については、拠点の合理化や徹底した費用の見直しを行い、収益性が向上した。IT周辺機器やインターネット接続に関わるヘルプデスクを提供する運用支援サービス(コールセンターの運営等)は、IT周辺のヘルプデスクのニーズが底堅く、安定的に推移。また、情報システムやエンジニアリング分野での受託開発や人材支援サービスの受注状況も堅調だった。

コワーキングスペース事業の売上高は同37.2%増の7.41億円、セグメント利益は同158.2%増の0.42億円。レンタルオフィス事業を首都圏中心に47箇所で運営しており、「必要な時に、必要な分だけ使う(借りる)」をテーマとしたコワーキングスペース(レンタルオフィス)を提供することで、利用者は低コストで高水準の施設利用が可能。利用企業社数は2,600社を突破、稼働率も高水準を維持し、堅調に推移している。

17年10月期通期については、売上高が前期比13.6%増の130.00億円、営業利益が同19.7%増の3.20億円、経常利益が同18.1%増の3.14億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.3%減の1.72億円とする期初計画を据え置いている。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 大塚竜太氏【強気か押し目待ちか、揺れる東京市場の見通しは】(1) <相場観特集> (05/29)
  2. 26年ぶり高値「ジャスダック」、大幅高待つ厳選“7銘柄”リスト <株探トップ特集> (05/30)
  3. 18年3月期【連続最高益】更新リスト 30社選出 〔第2弾〕 <成長株特集> (05/28)
  4. 18年3月期に最高益見込む、低PBR「お宝候補」 26社選出【2部・新興】編 <割安株特集> (05/28)
  5. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月26日現在)
  6. 勢い止まらず“個別株物色”、「割安&好業績&好チャート」照準 <株探トップ特集> (05/29)
  7. 10万円以下で買える、4期以上連続最高益「お宝候補」30社選出 <割安株特集> (05/27)
  8. 「ビッグデータ」の波、農業に到来 “収穫”を得る銘柄は <株探トップ特集> (05/27)
  9. 18年3月期【連続最高益】更新リスト 36社選出 〔第1弾〕 <成長株特集> (05/25)
  10. 18年3月期【売上成長株】ベスト30 <成長株特集> (05/24)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談共同記者会見、中国PMI、米1-3月期GDP改定値 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.