ログイン
2017年6月5日 12時48分
材料

AI×アナリストの選定銘柄を追う、サイバーステップがストップ高で連日高値更新!

テクノスジャパングループの人工知能エンジンScoroboと、フィスコアナリストの知見を組み合わせた「AI特選銘柄レポート 第9弾(5月22日リリース)」から、サイバーステップ<3810>が動意をみせているため分析したい。

サイバーステップについては、第4弾(3月4日リリース)でも取り上げているが、この時は3月22日までの上昇率が29.6%だった。今回6月5日時点での上昇率は30.2%に達している。AIの予測では順調な上昇を予測していたほか、アナリストの知見としては長期トレンドを重視した。4月半ば以降の上昇基調の強まりにより短期的な過熱感はあったが、13年高値をピークに調整トレンドが継続していたが、年初からの上昇でトレンド転換を想定。13年12月の月足形状では、1045.4円から3739.5円(分割修正)まで上昇し、月末には1750.8円まで下押す格好となり、長い上ヒゲを残している。リバウンド基調を続けるなか、この月足ベースでの長い上ヒゲを吸収するトレンド形成を想定している。

同社はオンラインゲーム事業が主力。国内外でオンライン対戦格闘ゲーム「GetAmped(ゲットアンプド)」を提供。「トレバ」、「コズミックブレイク」、「鬼斬」なども主力タイトル。同社のゲーム開発の特徴は、仮想ゲーム実行環境を提供する開発プラットフォーム「Oni(オニ)」を採用していること。足元の業績では17年5月期第3四半期の売上高が前年同期比63.9%増の20.38億円、営業損益は2.24億円(前年同期は2.74億円の赤字)の黒字に転換した。

AIレポートでは、AIの活用によって選定された複数の候補銘柄にアナリストの知見を融合して最終的に銘柄を5つに絞っている点が、大きな特徴である。AIは日々進歩しているが、それでも最終的な選定にはアナリストの知見が必要と考えられる。

なお、このAIを活用した株価予測については、6月より500種以上の経済データを投入したことで、より精度が向上した可能性がある。また、AIの精度向上に伴い、投資家による短期志向、中期志向といったニーズを捉え、構成銘柄の入替えとともに、短期狙い(1週間)、中期狙い(2週、4週間)といった2つのタイプをリリースしている。レポートタイトルも「AI特選銘柄レポート」から、「短期MICHIBIKI「導」レポート」、「中期MICHIBIKI「導」レポート」に変更した。

このレポートは毎月発行しており、今後も同レポートの銘柄選定の検証を継続したい。

《TM》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 外食“勝ち組”銘柄を追う、内需への資金回帰追い風 <株探トップ特集> (06/01)
  2. 最高益【大復活】銘柄リスト 35社選出 <成長株特集> (06/01)
  3. 武者陵司 「景気成熟、株価割高論は正しいか」 (06/03)
  4. 中村潤一の相場スクランブル 「AIメガトレンド相場に乗る最強布陣20銘柄」 (05/31)
  5. 完全突破“2万円”、上値追い加速の真相と「これから買うべき株」 <株探トップ特集> (06/02)
  6. 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (06/03)
  7. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 38社選出 <成長株特集> (06/04)
  8. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」35社選出【2部・新興】編 <割安株特集> (06/04)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月2日現在)
  10. 5万円以下で買える、高ROE・好業績「お宝候補」19社選出【東証1部】編 <割安株特集> (06/03)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★モルフォ、シノプス、TBグループなどに注目! 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月17日記) 市況
  4. 4
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  5. 5
    本日注目すべき【好決算】銘柄 フリービット、エニグモ、MSOL (14日大引け後 発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.