ログイン
2017年8月8日 9時52分
材料

nmsホールディングス---1Qは為替差損の大幅減少などで経常利益・純利益とも大幅増益、2Q予想を上方修正

nmsホールディングス<2162>は8日、2018年3月期第1四半期の連結業績を発表。売上高で前年同期比8.6%減の129.32億円、営業利益で同13.1%減の2.18億円、経常利益1.59億円(前年同期比は0.61億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益2.93億円(同0.85億円の損失)となった。

売上高及び営業利益は前年同期を下回ったが、為替差損が大幅に減少したことにより経常利益において黒字転換、親会社株主に帰属する四半期純利益についても子会社における投資有価証券売却益の発生より黒字となった。ヒューマンソリューション事業については、製造請負事業において収益性の改善が進むなど、セグメント業績では増収増益となった。また、国内エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業も工作機械関連の受注回復やTKRグループ国内各社で実施した国内工場の統合など構造改革による利益改善効果により増収増益となった。一方、経営資源の最適配分などを考慮して中国において子会社の解散を行ったことでセグメント減収となったもの、収益性は改善している。パワーサプライ事業においては、既存製品の需要調整や新規製品投入までの端境期となったことから売上高が前年同期を下回った。

2018年3月通期の業績予想は、売上高で前期比4.7%減の520.00億円、営業利益で同12.9%増の11.00億円、経常利益で同78.0%増の10.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益で同72.2%増の8.50億円と期初予想を据え置いている。第2四半期の業績予想を上方修正しており、今後も需要は堅調に推移すると見ているものの、通期について修正予想は発表されなかった。今後明確な見通しが立った時点での見直しが期待される。

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 大塚竜太氏【閑散相場が終わった後には何が待つ?】(1) <相場観特集> (08/07)
  2. “好発進”銘柄を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月7日版
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ! 躍動する“ミニバブル銘柄” (08/06)
  4. 利益成長“青天井”銘柄リスト【第2弾】 24社選出 <成長株特集> (08/06)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 平成が終わる! 時代は変わる! (08/06)
  6. 最速“上方修正”を追いかけろ! 割安「絶好調株」一挙に公開 <株探トップ特集> (08/07)
  7. MACD【買いシグナル】低PER 11社選出 <テクニカル特集> 8月7日版
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月4日現在)
  9. 藤井知明氏【閑散相場が終わった後には何が待つ?】(2) <相場観特集> (08/07)
  10. 大谷正之氏【閑散相場が終わった後には何が待つ?】(3) <相場観特集> (08/07)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「燻る“二段下げ”懸念」 市況
  4. 4
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、しまむら、三越伊勢丹 注目
  5. 5
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.