ログイン
2017年8月27日 19時30分
特集

上方修正“先回り”、17年9月中間期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集>

本特集では、17年4-6月期(第1四半期)の決算発表を終えて、第1四半期が業績好調で中間期計画に対する進捗率が高く、上方修正する可能性の高い銘柄を探ってみた(8月25日現在)。

時価総額800億円以上の銘柄を対象(金融を除く)に、4-6月期(第1四半期)の経常利益が前年同期と比べて10%以上増益で着地した銘柄をピックアップ。さらに、中間期計画に対する進捗率が65%以上、かつ過去5年の平均進捗率を10ポイント上回るなどの条件を満たした41社を選び出し、進捗率が大きい順に記した。「★」は前期も中間期決算発表前に上方修正した銘柄。

なかでも、前期も中間期決算発表前に上方修正した、東京放送ホールディングス <9401> 、ダスキン <4665> 、持田製薬 <4534> 、鹿島建設 <1812> 、日本新薬 <4516> 、加賀電子 <8154> などは今年も有力だ。業績修正の時期については、過去のデータを活用したい。株探有料サービス「株探プレミアム」で8月3日から掲載開始した【業績修正履歴】を見ると、TBSHDは3年連続で11月初め、ダスキンは2年連続で9月後半、持田薬と加賀電子は2年連続で10月後半に、それぞれ中間期の経常利益を上方修正していることがわかる。業績修正されるタイミングを見極める情報として注目したい。

このほか、4-6月期の経常利益がすでに中間期計画を上回っている、コスモエネルギーホールディングス <5021> 、ユナイテッドアローズ <7606> 、トピー工業 <7231> 、エフ・シー・シー <7296> も業績上振れが確実視される。

※29日(火)は“時価総額800億円未満”の企業を対象とした「17年9月中間期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕」の配信を予定しています。併せてご覧ください。

┌ 対中間期進捗率 ┐ ┌─ 経常利益 ─┐  増益率

コード 銘柄名    4-6月期 5年平均  4-6月期 中間期計画 4-6月期

<5021> コスモHD    158   45.1   15016    9500   45.1

<7606> Uアローズ    140   86.7   2481    1777   17.5

<7231> トピー      120   39.6   2518    2100   833

<7296> FCC      105   42.1   3352    3200   154

<9401> TBSHD    96.1   81.5   10857   11300   38.4 ★

<4665> ダスキン     88.2   40.0   2294    2600   160 ★

<6588> 東芝テック    87.2   28.9   3052    3500   79.4

<4185> JSR      87.0   47.4   13488   15500   110

<3865> 北越紀州紙    86.1   41.6   4733    5500   109

<4534> 持田薬      84.7   56.0   6097    7200   41.2 ★

<5901> 洋缶HD     83.7   57.5   15898   19000   48.7

<4205> ゼオン      83.1   49.4   10807   13000   87.3

<1821> 三井住友建設   80.5   29.6   6443    8000   25.4

<1812> 鹿島       80.3   56.1   48207   60000   49.9 ★

<7269> スズキ      79.6   55.1   99509   125000   62.4

<6201> 豊田織      77.5   63.2   77482   100000   34.2

<8242> H2Oリテイ   77.4   59.5   4644    6000   120

<4516> 日本新薬     76.9   51.3   5381    7000   30.0 ★

<4114> 日触媒      76.9   61.9   9224   12000   47.9

<4541> 日医工      76.2   63.8   3202    4200   26.8

<6961> エンプラス    75.8   49.8   1288    1700   57.6

<8154> 加賀電子     73.5   27.4   2205    3000   263 ★

<8848> レオパレス    72.8   41.1   6917    9500   32.9

<6925> ウシオ電     71.6   34.9   3937    5500   813

<5949> ユニプレス    71.5   43.8   6939    9700   274

<7278> エクセディ    71.3   48.1   6418    9000   62.0

<4116> 大日精      71.1   54.9   4053    5700   49.6

<4839> WOWOW    68.8   45.5   3649    5300   79.9

<9962> ミスミG     68.7   54.0   9959   14500   33.1

<6963> ローム      68.5   39.6   13023   19000   2459

<7202> いすゞ      68.4   49.7   43779   64000   19.0

<3132> マクニカ富士   68.2   50.6   2999    4400   60.5

<4922> コーセー     67.4   40.5   12949   19200   39.7

<2109> 三井糖      67.4   50.5   4450    6600   33.9

<5334> 特殊陶      67.4   50.8   17114   25400   43.9

<5991> ニッパツ     66.4   51.7   10623   16000   75.9

<7575> 日本ライフL   66.3   38.0   2626    3959   53.6

<2810> ハウス食G    66.0   44.1   3958    6000   94.8 ★

<3360> シップHD    65.9   40.1   2769    4200   47.4

<5911> 横河ブHD    65.6   29.2   2622    4000   184 ★

<5192> 三星ベ      65.4   49.7   2484    3800   30.6

※4-6月期決算発表以降に上方修正した銘柄は除いた。経常利益の単位は百万円。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 業績修正の“事前推測”を可能に! ⇒ 5年間の【業績修正履歴】を提供開始 (08/03)
  2. 4-6月期“売上成長株”ベスト30 【中小型株】編 <成長株特集> (08/24)
  3. 絶好調“2部・JQ”上昇に乗る「順張り&逆張り」超買い場20銘柄 <株探トップ特集> (08/26)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月25日現在)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 底値で雌伏して待つ“V字反発”候補 (08/27)
  6. 【植木靖男の相場展望】 ─ 転機が近そうだ!! (08/27)
  7. 岡本昌巳が語る投資の極意、「40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣」 (後編) (08/26)
  8. 中村潤一の相場スクランブル 「材料株“大回転スペクタクル相場”を追う」 (08/23)
  9. 3万円以下で買える、高利回り・低PBR「お宝候補」18社選出 <割安株特集> (08/26)
  10. 【今週読まれた記事】上昇気流を見逃すな! 東証2部&JQ平均“歴史的高値”が語るもの (08/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    株価大幅上昇のソフトバンクグループに順張りのコール買いが目立つ(21日10:02時点のeワラント取引動向) 経済
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:レオパレス、三越伊勢丹、しまむら 注目
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月24日記) 市況
  5. 5
    内需・好業績期待の人材関連株、SMBC日興証券(花田浩菜) 経済
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.