ログイン
2017年9月2日 19時30分
特集

東京ゲームショウの季節がやって来た! 今年の“注目関連株”は? <株探トップ特集>

―カギは“体験型”、VRからe-Sportsまで広がる市場と有望企業―

国内最大級のゲームイベントである東京ゲームショウ(TGS)の開催が目前に迫ってきた。クリスマスやお年玉商戦が重なる年末・年始を控えて家庭用ゲーム機関連メーカーが目玉となる新商品を披露したり、スマートフォン向けゲームを手掛ける企業が最新情報を発信したりすることから国内はもとより海外からも関心を集めている。例年、株式市場ではこの時期、関連銘柄に先回り買いがみられる傾向があり、今年も虎視眈々と狙いを定める投資家が少なくない。

●世界3大ゲームショーのひとつ、海外からの関心も高い

TGS2017は、9月21~24日(一般公開は23~24日)までの4日間、幕張メッセで開催される。TGSは米ゲーム見本市「E3」やドイツで開催される「gamescom」と並ぶ世界3大ゲームショーのひとつとされ、昨年は20周年の節目であったこともあり、過去最多となる614の企業・団体が出展し、27万人以上の来場者を集めた。今年は昨年をさらに上回る見通しで、7月4日時点の出展社数は332社(前年同時期は301社)。既にグリー <3632> 、コーエーテクモホールディングス <3635> 、KLab <3656> 、オルトプラス <3672> 、バンダイナムコホールディングス <7832> などの参加が決まっている。

今年のテーマは「さあ、現実を超えた体験へ。」を掲げ、昨年話題となったVR(仮想現実)や、対戦型のコンピューターゲームおよびビデオゲームで行われる競技「e-Sports」(エレクトロニック・スポーツの略)の本格普及を見据えたイベントが大きな見所。これは、ソニー <6758> が昨年10月に発売した「プレイステーション ヴィーアール」が今年2月時点で世界累計実売台数90万台超、対応するソフトやコンテンツも同時点で100本を突破するなど、今後もVR市場の拡大が見込めるほか、e-Sportsはアジアオリンピック評議会が主催するスポーツ競技大会「アジア競技大会」の22年開催で正式なメダル種目となるなど世界中で注目度が増している。

●昨年話題の「VRコーナー」はARやMRも対象に

昨年新設された「VRコーナー」は今年、AR(拡張現実)やMR(複合現実)まで出展対象を広げた「VR/ARコーナー」に改称。対応ゲームだけでなく、開発ソリューションなどBtoB(企業間取引)目的の出展も広く募集されている。ARゲームといえば昨年、全世界で大ヒットし、日本でも社会現象を巻き起こした「ポケモンGO」が思い出され、ARゲームへの期待感は依然として高い。現実と仮想を複合(融合)させるMRは、さらに進化した映像が体験できるとあって将来有望な市場のひとつとみられている。

注目企業としては、イケメンキャラと挙式体験ができる「挙式VR」をTGSで紹介するとしているボルテージ <3639> のほか、11月21日にフィッシングアクションのVRゲーム「モンスター オブ ザ ディープ:ファイナルファンタジーXV」の配信を予定しているスクウェア・エニックス・ホールディングス <9684> など。

また、VRおよびAR事業を展開するクリーク・アンド・リバー社 <4763> 、VR向けミドルウエアを手掛けるCRI・ミドルウェア <3698> [東証M]やシリコンスタジオ <3907> [東証M]、ARキャラクターをはじめとした「AR performers」を展開するユークス <4334> [JQ]、16年10月にARやMRなどのコンテンツ開発を手掛ける米DoubleMe社と資本・業務提携したメディア工房 <3815> [東証M]も関連銘柄としてマークしておきたい。

●「e-Sportsコーナー」はさらに規模を拡大

一方、今年で6回目となるe-Sports競技会は、2つの特設ステージでそれぞれ500席を設置するなど、規模を大幅に拡大して開催する。ここでは家庭用ゲームやスマートフォンなどの人気タイトルの大会を実施するとしており、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア」、カプコン <9697> の「ストリートファイターV」、ネクソン <3659> の「カウンターストライクオンライン2」、コナミホールディングス <9766> の「ウイニングイレブン」、セガサミーホールディングス <6460> の「ファンタシースターオンライン2」、ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765> の「パズドラレーダー」などの大会を予定。また、同コーナーにはキーボードを手掛ける東プレ <5975> も出展する。

このほか関連銘柄としては、子会社を通じてe-Sportsの大会「RAGE(レイジ)」を開催しているサイバーエージェント <4751> 、シューティングゲームアプリ「怒首領蜂一面番長」の大会を開催したことがあるケイブ <3760> [JQ]、e-Sportsのプロチーム「DeToNator」のスポンサーとなっているAiming <3911> [東証M]、6月にe-Sportsの企画・開発・運営を手掛けるウェルプレイド(東京都目黒区)と資本・業務提携したカヤック <3904> [東証M]などが挙げられる。

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. EV新世紀が「リチウム電池関連」沸騰を呼ぶ、“本命と穴株”最強の布陣 <株探トップ特集> (08/30)
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 27社選出 <成長株特集> (08/31)
  3. 3万円以下で買える、高ROE・低PER「お宝候補」15社選出 <割安株特集> (09/02)
  4. 上方修正“先回り”、17年9月中間期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (08/29)
  5. 絶好調“2部・JQ”上昇に乗る「順張り&逆張り」超買い場20銘柄 <株探トップ特集> (08/26)
  6. 【今週読まれた記事】調整はもう終わり、再始動で手にする大いなる果実 (09/02)
  7. 5万円以下で買える、大幅増益・高利回り「お宝候補」21社選出 <割安株特集> (09/01)
  8. 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER 43社選出 <テクニカル特集> 9月1日版
  9. MACD【買いシグナル】低PER 37社選出 <テクニカル特集> 9月1日版
  10. 9月8日発効「バラスト水管理条約」、“新市場誕生”活かす銘柄は <株探トップ特集>

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    富田隆弥の【CHART CLUB】 「燻る“二段下げ”懸念」 市況
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
  4. 4
    個人投資家・有限亭玉介:セルインメイを超えて反発期待の銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  5. 5
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.