市場ニュース

2017年9月14日 14時34分
【経済】 目先的には米インフレ動向を見極める展開


 米株式市場が堅調に推移したことや米長期金利の上昇を背景に円売り・ドル買い基調が継続。また、ライアン米下院議長が13日、トランプ政権と共和党執行部が協議している税制改革の概要を25日の週にも提示できるとの見解を示したことを受けて、税制改革への期待感からドル買いが加速している。

 8月の米卸売物価指数(PPI)は季節調整後で前月比0.2%上昇、エネルギーと食品を除いたコア指数は0.1%の上昇となった。いずれも市場予想を下回る結果となったものの、プラスに転じたこともドル相場の支援材料となったもよう。

 ただ、米国東部時間の14日に発表される消費者物価指数(CPI)の内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードも広がっており、ドルを積極的に買う動きが大きく広がる可能性は低いとみられる。
《MK》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 電線は地中に株価は空に、待ち受ける“巨大市場”と上昇余地 <株探トップ特集> (09/11)
  2. <話題の焦点>=建設セクターに新視点、高速道路補修で商機膨らむ銘柄群 (09/14)
  3. “有機EL関連”新章―見えた「主役テーマ復帰」と有望株 <株探トップ特集> (09/13)
  4. 有事モードの東京市場で“逆行高”気配、急騰前夜の「ワケあり材料株」 <株探トップ特集> (09/09)
  5. EV新世紀が「リチウム電池関連」沸騰を呼ぶ、“本命と穴株”最強の布陣 <株探トップ特集> (08/30)

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知