市場ニュース

2017年9月14日 17時54分
【為替】 明日の為替相場見通し=米CPIの結果を注視

 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、米8月消費者物価指数(CPI)の結果などに左右される展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=109円80~110円80銭。

 今晩は米8月CPIが発表となる。来週19~20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)が接近するなか、あすの米8月小売売上高とともに注目度は高く、その結果は相場を左右する可能性がある。市場では前月比0.3%の上昇が予想されている。また、新規失業保険申請件数(前週分)の結果や北朝鮮情勢なども注目される。


出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 為替週間見通し:やや底堅い動きか、年内米追加利上げへの期待持続 9/23
  2. ユーロ週間見通し:上値の重い展開か、北朝鮮リスクへの警戒感残る 9/23
  3. 英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英早期利上げの可能性を見極める展開 9/23
  4. 豪ドル週間見通し:底堅い展開か、日本の総選挙への思惑で円売り継続も 9/23
  5. NY為替:米朝関係の緊迫化でドル買い一巡 9/23

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知