ログイン
2017年9月15日 19時30分
特集

5万円以下で買える、高ROE・低PER「お宝候補」16社選出【東証1部】編 <割安株特集>

上場企業の売買単位の引き下げや株式分割などで、株式の購入に必要な最低投資金額(株価×売買単位)は低下傾向にある。東証1部上場企業でも約140銘柄が最低投資金額が5万円以下で購入できる。なかには日経平均採用の優良株や、配当利回りが4%超といった「お値打ち株」も存在する。

最低投資金額が5万円以下の銘柄は小額資金で購入できるほか、同じ予算でも高株価の銘柄に比べ株数を多く購入したり、買付や売却の時期を分散できるメリットがある。今回は、投下した資本に対し企業がどれだけの利益を上げられるのかという観点からROE(自己資本利益率)が上場企業の平均である8%を上回る銘柄に注目してみた。さらに、割安を見分ける基準となるPER(株価収益率)が15倍以下の“高ROE・低PER”銘柄を探った。

下表は東証1部上場銘柄を対象に、(1)最低投資金額が5万円以下、(2)予想ROEが8%以上、(3)予想PERが15倍以下――を条件に投資妙味が高まる割安な「お宝候補」16社を選び出し、「ROEが高い」→「PERが低い」順に記した。(※ROE、PER、最低投資金額は15日現在)

なお、17日(日)19時30分に「5万円以下で買える、高ROE・低PER『お宝候補』【2部・新興】編」を配信する予定です。ご期待下さい。

予想  予想 最低投資

コード 銘柄       ROE   PER   金額

<4344> ソースネクス   22.8  12.8   49300

<3245> ディアライフ   22.3  12.1   49500

<2337> いちご      17.2  13.7   37200

<8585> オリコ      13.0  10.5   18400

<1805> 飛島建      12.7   9.1   15600

<8999> グランディ    11.7   5.8   42400

<1890> 東洋建      11.7   9.5   48300

<2060> フィードワン   11.7  13.3   24300

<5703> 日軽金HD    11.2  11.1   32400

<4350> メディシス    10.4  14.8   50000

<2112> 塩水糖      10.0   8.7   25000

<3232> 三重交HD    9.2  11.9   44500

<8291> 日産東HD    9.1   7.8   39100

<2768> 双日       8.9   7.5   30100

<7838> 共立印刷     8.7  11.5   34300

<4319> TAC      8.2  10.5   25000

※単位は最低投資金額が円、ROEが%、PERが倍。

※対象条件について、今期の「最終利益が経常利益の90%以上」の企業は、特別利益や税控除などにより一時的に最終利益がかさ上げされているケースが多いため、対象から除いた。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 上方修正“先回り”、18年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (09/14)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月13日版
  3. EV新世紀が「リチウム電池関連」沸騰を呼ぶ、“本命と穴株”最強の布陣 <株探トップ特集> (08/30)
  4. “有機EL関連”新章―見えた「主役テーマ復帰」と有望株 <株探トップ特集> (09/13)
  5. “画像認識”なしに未来なし――新時代の「目」投資テーマ浮上へ <株探トップ特集> (09/14)
  6. 危機は去った? 先高シグナル点灯株で“必勝フライング買い” <株探トップ特集> (09/12)
  7. <話題の焦点>=建設セクターに新視点、高速道路補修で商機膨らむ銘柄群 (09/14)
  8. 電線は地中に株価は空に、待ち受ける“巨大市場”と上昇余地 <株探トップ特集> (09/11)
  9. ★本日の【サプライズ決算】 速報 (9月15日)
  10. 買い場到来【パラボリック陽転】低PER 49社選出 <テクニカル特集> 9月15日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 レオパレス、オンキヨー、フジタコーポ (5月20日~24日) 注目
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:日米首脳会談共同記者会見、中国PMI、米1-3月期GDP改定値 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】米中対立深刻化も底堅さ発揮、好業績・AI関連に注目! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.