ログイン
2017年9月21日 14時30分
市況

ケンブリッジ大学が、仮想通貨に関して2017年に調査【フィスコ・ビットコインニュース】

イギリスのケンブリッジ大学が、世界の仮想通貨データをもとにした「Global Cryptocurrency Benchmarking Study」というタイトルの114ページに及ぶ調査を発表した。その中では、ユーザーやウォレットの数、仮想通貨業界の発達やテクノロジーについて、また、取引や利用者状況などについて述べられており、その一部をご紹介する。

同研究ではまず労働者数について、少なくとも1876人が仮想通貨業界でフルタイムで働いていると報告している。アジア太平洋地域が720人と多くを占め、次いで北米で676人が確認されているとする。

取引所の数はヨーロッパが最も多く、アジアがそれに次ぐ。またこのうち49%の取引所は11人以下の従業員で動いており、全体でも取引所あたりの従業員は11人程度だという。

仮想通貨利用者の全体数を把握することは不可能だと同研究では報告する。仮想通貨を利用するほとんどの人が複数のオンライン・ウォレット(仮想通貨を管理・送金する際などに利用するアプリ)を所有していることがその原因である。以上を踏まえた上で、研究によればアクティブなウォレット数は580万から1150万と推定されている。推定数が広範に及ぶのは「アクティブなウォレット」の定義の違いによる。アクティブなウォレットを所有するユーザーは、北米とヨーロッパに多く、それぞれ全体数の30%にのぼる。

仮想通貨の中で最も普及しているのはビットコインで、ライトコインが2番目であると報告書ではまとめる。その他、普及している仮想通貨にリップル、イーサリアムクラシック、モネロ、ドージコイン、ダッシュなどが挙げられている。

同研究の数値は2017年3月や4月時点をベースとしているものが多く、特にどの法定通貨建てによる仮想通貨の取引が多いか、またマイニング(ビットコインなどの通貨が新規発行される際に行われる取引履歴の承認作業)に参画する企業が多い国はどこかといった点では最新の情報とはやや異なる部分もあるが、ウォレットの利用状況のセキュリティーに関する示唆なども含まれており興味深い内容となっている。また、研究データの出元にはCoin Market Cap、Coin Dance、CryptoCompareなどが参照されている。

《SI》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「相場転換、バスに乗り遅れるな (前編)」 (09/19)
  2. <話題の焦点>=開発進む人造肉は将来の有望テーマか (09/21)
  3. 安倍首相“次の一手”、解散総選挙「本命テーマ」が踊り出す <株探トップ特集> (09/19)
  4. 裾野広がるネットショッピング、市場拡大の波に乗る銘柄は? <株探トップ特集> (09/20)
  5. 株価「天井知らず伝説」、FA関連“激烈”外国人買いで上がる株 <株探トップ特集> (09/16)
  6. 馬渕治好氏【嵐は去った――秋晴れ日本株どこまで上がる?】(1) <相場観特集> (09/19)
  7. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 業績相場の必勝セオリー、テーマ株の押しを見逃すなッ! (09/17)
  8. 【大復活】四半期“最高益”更新リスト 27社選出 <成長株特集> (09/18)
  9. 中村潤一の相場スクランブル 「テンバガー宝庫! 量子コンピューター関連」 (09/20)
  10. 9月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (09/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月26日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=半導体周辺の主力株と中小型株の動きに注目 市況
  3. 3
    逆転の発想、究極のエコ「CO2資源化」関連が“株高”生成へ <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    キーエンスが3日続伸で底入れの動き、FA用センサーの需要拡大に期待 材料
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (06月26日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.