市場ニュース

2017年9月22日 19時27分
【テク】 日経平均テクニカル:過熱感はやや和らぐ


5営業日ぶりに反落。20400円を回復して始まったが、地政学リスクが警戒されるなか、その後は利食い優勢の展開。ただし、下値は5日線が支持線として意識されており、下値の堅さは意識されている。ボリンジャーバンドでは終値で+2σまで下げており、過熱感は和らいできている。MACDはシグナルとの乖離が拡大しながら上昇しており170を超えてきているが、4月半ばから5月半ばにかけての上昇場面では、MACDは280辺りまで上昇していたこともあり、ピーク感はない。週間形状では13週線を突破してきており、一目均衡表でも遅行スパンが実線を大きく上放れてきている。実線が下降する局面であり、しばらくは上方シグナルが継続しよう。価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000-20200円処を支持線に、15年6月高値(20868円)突破を意識したトレンド形成が期待されてくる。

《WA》

 提供:フィスコ

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 日経平均テクニカル:日経平均、週明け15連騰後は調整を意識か 10/20
  2. 【相場の体温計】 東証1部・騰落レシオ推移(25日平均) 10/20
  3. 【日経平均の値位置を知る!】 上値・下値テクニカル・ポイント(20日現在) 10/20
  4. 本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 32 銘柄 DC= 117 銘柄 (10月20日) 10/20
  5. 本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 143 銘柄 下抜け= 234 銘柄 (10月20日) 10/20

最新ニュース

TOP
市況
材料
注目
速報
決算
特集
テク
特報
為替
経済
告知