ログイン
2017年10月1日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 総選挙期間中は株高という経験則があるが…

「総選挙期間中は株高という経験則があるが…」

●イベント・リスクは避けよ、との先人の教え!

1960年以降、衆議院の解散・総選挙は15回行われている。解散日から投開票日の前々日(金曜日)までの日経平均株価の騰落率は「14勝1敗」(プラスが14回)という好成績だ。勝率は93.3%である。これが「選挙期間中は株高」の根拠になっているが、問題は“その後”だろう。

総選挙となると、与野党ともにバラ色の公約を掲げる。マーケットはそれに期待する。しかし、投開票後は現実に戻る。それに、2005年、2012年、2014年のように自民党が大勝、政治の安定→政策遂行能力の高まり→株高のパターンは例外的なケースである。

まして、今回は政界再編を含め、状況はグシャグシャだ。先がまったく読めない。民進党は確実に“解党”の道を歩んでいる。「希望の党」(小池新党)が受け皿になるのだろうが、国政レベルでどの程度、影響力を行使できるか。まあ、今回は公明党、共産党とはたもとを分かっている。都議選のような自民党の惨敗はないと思う。

●動き始めた汽車に飛び乗るのがセオリー!

いずれにせよ、10月20日までに日経平均株価が2万0868円(2015年6月24日の戻り高値)を上回るようなら強気ムードに流されず、手堅く利食い優先(売り上がり)、現金(キャッシュ・ポジション)比率を高める作戦が有効と判断する。

そう、先人はイベント・リスクは避けよ! と教えている。一方、物色面では米軍発の情報セキュリティ会社「ブループラネットワークス」に出資している大興電子通信 <8023> [東証2]、出戻り態勢が鮮明なUUUM <3990> [東証M]、材料豊富、かつパナソニックグループの三社電機製作所 <6882> [東証2]、監視カメラ・車載カメラのテックポイント・インク <6697> [東証M]などの小物に妙味があろう。

このほか、再騰開始、エヌビディアと連携のアセンテック <3565> [東証M]、量子コンピューター自動運転EVなど切り口多彩なエヌエフ回路設計ブロック <6864> [JQ]に注目できる。

さらに、新型電池関連のオハラ <5218> 、安永 <7271> 、電磁波防止の岡谷電機産業 <6926> 、トヨタグループが主要ユーザーの大泉製作所 <6618> [東証M]、急動兆のアルファクス・フード・システム <3814> [JQG]も狙える。短期・順張りは徹底して強い銘柄にマトを絞る(動き始めた汽車に飛び乗る)、これがセオリーである。

2017年9月28日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】株式市場は選挙がお好き、日経平均の高値更新予想相次ぐ (09/30)
  2. 2017年「ノーベル賞」銘柄は? 日本人4年連続受賞ならこの株が来る (09/26)
  3. 燃え上がる「量子コンピューター」関連買い、次なる変貌候補は <うわさの株チャンネル> (09/27)
  4. 高成長【始動】候補リスト〔第2弾〕 32社選出 <成長株特集> (09/28)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 森よりも木! 有望株は枝振りで厳選 (10/01)
  6. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「当然のスピード調整だが、残る2つの懸念」 (09/30)
  7. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ データセク (10/01)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 YKT、パークシャ、ダイヤ電機 (9月25日~29日)
  9. ★本日の【イチオシ決算】 ミタチ産業、ネクステージ、合同鉄 (9月29日)
  10. 来週の決算発表予定 キユーピー、良品計画、イオンなど (10月2日~6日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月27日発表分) 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):カオナビ、北の達人、トビラシステ 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月27日) 注目
  4. 4
    「仮想通貨」が15位にランクイン、ビットコイン価格の急上昇で再評価機運<注目テーマ> 特集
  5. 5
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.