ログイン
2017年11月10日 8時10分
材料

クオール---2Qも2ケタ増収増益、保険薬局事業のコストコントロールが順調に進捗

クオール<3034>は10月31日、2018年3月期第2四半期(2017年4~9月)連結決算を発表。売上高が前年同期17.9%増の713.97億円、営業利益が同79.7%増の42.51億円、経常利益が同67.7%増の42.90億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同57.5%増の24.15億円と2ケタ増収増益。

保険薬局事業は、売上高が前年同期比20.1%増の661.26億円、営業利益が同97.1%増の39.03億円。新規出店16店舗、子会社化による取得9店舗の計25店舗(うち売店1店舗)増加した一方、閉店により4店舗(うち売店2店舗)減少した結果、店舗数は717店舗となった。

売上高については、既存店、前期開局の新店及び新規取得子会社が業績に寄与。また、かかりつけ薬剤師・薬局の促進やジェネリック医薬品の使用推進により、調剤技術料の収入が堅調に推移。新在庫システムを全店に順次導入しており、適正な在庫管理と医薬品調達コストのコントロールが順調に進捗し大幅増収に寄与。

BPO受託事業は、売上高が前年同期比4.0%減の52.71億円、営業利益が同4.5%減の7.55億円と概ね計画どおりの進捗。アポプラスステーションの中核事業であるCSO事業は競争が激化する中、MR派遣の受注数が計画通り進捗、製薬企業との契約数は、業界最多を維持。

また、新規顧客の開拓及び既存案件の契約延長に向けて専門性の高いMRの育成や製薬企業への営業強化を図る。派遣紹介事業については、薬剤師等の派遣者数が伸び堅調に推移。また、新たな営業拠点を開設し事業の拡大を図っている。

同社は2018年4月1日に持株会社体制へ移行を予定。新規事業の創出とM&A拡大のため、経営戦略推進機能強化、権限・責任の明確化による意思決定の迅速化、コーポレートガバナンスの強化、グループシナジーの最大化を図る。調剤事業とBPO受託事業に第三の柱を加え、売上高3,000億円を目指す。

2018年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比11.0%増の1,460.00億円、営業利益が同23.8%増の85.00億円、経常利益が同20.3%増の85.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.7%増の46.00億円。年間配当は2円増配し26円。

同社は2018年3月期第1四半期決算発表後に業績予想の上方修正と配当予想の増額修正を発表しているが、今発表後は業績予想を据え置いている。

《TN》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 38社選出 <成長株特集> (11/07)
  2. 注目再び「脱フロン」、規制強化が広げる“ビジネスチャンス” <株探トップ特集> (11/09)
  3. 好調持続が期待される、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月9日版
  4. 世界はいま全面株高、“地球規模”好景気で「非鉄株」ロックオン <株探トップ特集> (11/07)
  5. 上昇超特急“1日停車”、いま乗り込みたい「割安&高進捗」15株 <株探トップ特集> (11/08)
  6. 均衡表【買いシグナル】低PBR 15社選出 <テクニカル特集> 11月9日版
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 11月8日版
  8. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 佳境迎える黄金相場、過熱感なき騰勢の果実 (11/05)
  9. 10万円以下で買える、最高益・低PER「お宝候補」16社【2部・新興】編 (11/04)
  10. 乱気流突入“原油相場”、サウジ皇太子が求める「原油高」 <コモディティ特集> (11/08)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月24日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★清水建、フォーサイド、日本通信などに注目! 注目
  3. 3
    “電撃上昇相場”再始動へ、国策背景に動き出す「電線地中化」関連株 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    雨宮京子氏【G20大阪サミット接近、7月相場の急所を読む】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.