ログイン
2017年11月13日 16時17分
材料

窪田製薬ホールディングス---3Q事業収益の計上はないものの、損失幅が縮小

窪田製薬ホールディングス<4596>は9日、2017年12月期第3四半期(2017年1~9月)連結決算(IFRS)を発表した。事業収益が0.00億円(前年同期は8.18億円の収益)、営業損失が29.22億円(同32.83億円の損失)、税引前損失が27.94億円(同31.64億円の損失)、親会社の所有者に帰属する四半期損失が27.94億円(同31.66億円の損失)となった。

事業収益の減少については、エミクススタト塩酸塩に関する大塚製薬<4578>との共同開発契約の終了に伴い、エミクススタト塩酸塩における地図状萎縮を伴うドライ型加齢黄斑変性治療薬開発を目的とする臨床試験が終了したことによるものである。

研究開発費は前年同期比4.7%減の18.95億円となった。地図状萎縮を伴うドライ型加齢黄斑変性治療薬候補の臨床試験を終了したことにより、9.34億円の減少。一方、エミクススタト塩酸塩の増殖糖尿病網膜症を対象とした臨床第2相試験やスターガルト病を対象とした臨床第2a相試験、ACU-6151の非臨床試験や在宅眼科医療機器ソリューションである PBOS(Patient Based Ophthalmology Suite)の開発等の研究開発費が8.41億円増加した。

一般管理費は前年同期比51.4%減の10.85億円となった。株価連動型オプションが当第3四半期は確定しなかったこと等による株式報酬費用の減少、三角合併に関連した弁護士費用等の減少、組織再編による人件費や関連費用の減少、大塚製薬との共同開発契約の終了や監査法人の変更に関連した支払手数料の減少などが主な要因としている。

2017年12月通期の連結業績予想は、事業収益が0.00億円、営業損失が42.90億円、税引前損失が41.80億円、親会社の所有者に帰属する当期損失が41.80億円とする予想を据え置いている。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 政治が安定、日米関係が良好なときは株高! (11/12)
  2. 5万円以下で買える、増収増益・低PBR「お宝候補」27社【東証1部】編 <割安株特集> (11/10)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 高値波乱あれど上昇トレンド崩れず! (11/12)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月10日現在)
  5. 「AIスピーカー」関連の注目度高まる、LINEのテレビCM開始で認知度上昇<注目テーマ> (11/13)
  6. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 35社選出 <成長株特集> (11/12)
  7. 注目再び「脱フロン」、規制強化が広げる“ビジネスチャンス” <株探トップ特集> (11/09)
  8. 日本橋に空を――"首都高地下化"構想で関連株は浮上するか <株探トップ特集> (11/11)
  9. 好調持続が期待される、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月10日版
  10. 5万円以下で買える、増収増益・低PBR「お宝候補」33社【2部・新興】編 (11/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★清水建、フォーサイド、日本通信などに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月25日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月24日発表分) 注目
  4. 4
    “電撃上昇相場”再始動へ、国策背景に動き出す「電線地中化」関連株 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    寄前【板状況】注文ランキング 【買いトップ】ヤマトHD 【売りトップ】ガンホー [08:33] 特報
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.