ログイン
2017年11月14日 20時16分
材料

アライドアーキテクツ---3Qは先行投資の影響で営業損失も、より収益性の高いサービスモデルの構築が進む

アライドアーキテクツ<6081>は13日、2017年12月期第3四半期(2017年1~9月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比8.0%減の41.37億円、営業損失は0.86億円(前年同期は1.90億円の利益)、経常損失は1.61億円(同1.13億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純利益は同99.5%減の0.00億円となった。

各種サービスの機能拡充や営業体制の見直しに加え、SNSデータを活用したSNSプロモーションサービスやSNS広告関連サービスのクロスセル等により、顧客企業の総合的なソーシャルメディアマーケティング支援に取り組んできた。また、シンガポール子会社であるReFUEL4 Pte. LTD.(以下「ReFUEL4社」)においては、広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム「ReFUEL4(R)」のさらなる事業拡大のため、サービスのリニューアルや営業拠点の新設等の先行投資を実施した。しかし、当初の計画よりも投資規模及び投資期間を拡張したことから、前年同期比で費用が増加し、当該先行投資の回収が第4四半期以降へとずれ込む結果となった。

なお、2017年12月期通期の連結業績予想については、同日に修正を発表している。

売上高が前期比11.2%減(前回予想比33.5%減)の53.34億円、営業損失が0.49億円(前回予想は6.03億円の利益)、経常損失が1.35億円(同5.78億円の利益)、親会社株主に帰属する当期純損失0.02億円(同4.01億円の利益)としている。

売上高は、主にシンガポール子会社であるReFUEL4社の非注力事業である海外SNS広告売上高が当初の想定以上に減少したこと、また、国内事業においても案件の大型化を実施した結果、受注からサービス検収となるまでのリードタイムが長期化したこと等の要因により、業績予想の修正に至った。

利益面は、上記の要因によるほか、ReFUEL4社において選択と集中を加速し、SaaS型のサービスモデルの確立や営業拠点新設等の先行投資を実施した結果、当初の計画よりも当該先行投資が長期化した影響により、各利益が前回予想値を下回る見通しとなった。

同社グループでは、ReFUEL4社において実施した先行投資によって、より収益性の高いサービスモデルを構築することができたと判断しているとのこと。

《MW》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 揺れる中東、緊迫のサウジ―「オイルマネー関連株」を狙え <株探トップ特集> (11/14)
  2. 買い局面を迎えた【25日線上抜け】低PER銘柄 13社 <テクニカル特集> 11月14日版
  3. 好調持続が期待される、7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 11月14日版
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 35社選出 <成長株特集> (11/12)
  5. 11月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/14)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 高値波乱あれど上昇トレンド崩れず! (11/12)
  7. 5万円以下で買える、増収増益・低PBR「お宝候補」33社【2部・新興】編 (11/12)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月10日現在)
  9. 「全固体電池」関連に熱視線、トヨタが実用化に向け積極展開で思惑膨らむ<注目テーマ> (11/14)
  10. 「AIスピーカー」関連の注目度高まる、LINEのテレビCM開始で認知度上昇<注目テーマ> (11/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ライフネット、神戸物産、ニトリHD 注目
  4. 4
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> New! 特集
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 5月22日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.